トイレリフォーム後につまりやすくなった時の対処法とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレリフォーム後につまりやすくなった時の対処法とは

トイレリフォーム後につまりやすくなった時の対処法とは

リフォーム後のトラブルはどう対処する?

リフォーム後のトラブルはどう対処する?


トイレをリフォームした後、つまりやすくなったと感じている人もいるのではないでしょうか。
リフォーム後にトイレつまりが起きやすくなる原因は様々ですが、配管に問題があり、勾配が逆の状態になっている可能性があります。
リフォーム時に誤って排水管が下がって取り付けられてしまったなど、適切に工事されていなければ、つまりやすいトイレになってしまうのです。
排水管の設置状況を目で確認することは難しいですが、流れにくいと感じた時は業者に原因を調査してもらう必要があります。
工事ミスであればリフォーム業者に連絡をし、対応してもらうと安心です。
まずは、しっかりと原因を特定し、適切な対処をしてもらいましょう。

異物や汚れが原因の場合

異物や汚れが原因の場合


配管に問題がない状態でよく詰まる場合は、異物が引っかかっていたり、汚れが内部に蓄積されて水が通りにくくなっていることも考えられます。
水に溶けない異物は物理的に取り除かなければならず、汚れも専用機材を使って除去しなければなりません。
よく使用する専門機材は高圧洗浄機です。
高額ですが、蓄積された汚れも綺麗に除去することができます。
中には、お金をかけないために家庭用の高圧洗浄機を使おうと考えている人もいるのではないでしょうか。
素人でも扱える機材は威力が弱く、失敗する恐れがあるため、あまりお勧めできません。
また、便器の取り外し、取り付けなど素人では行うことが難しい作業が必要になるため、業者に相談してください。
他にも、排水量が少なく、ペーパー類や排泄物が流れにくくなっていることも考えられます。
タンク内の水量を確認し、不足していないかチェックしてみてください。
通常、タンクの中には水位線という目印があり、その線までいっぱいに水が入っているかどうか確認することで判断できます。
このように、リフォーム後によくトラブルが起きる原因は工事ミス以外にも問題があるかもしれません。
間違った自己判断をしないように、異変が起きた時は早めに業者を呼びましょう。
軽度のうちに依頼することで修理費も少額で済みます。
被害が拡大する前に対処することが大切です。