子育て家庭に起こりやすいトイレつまりの原因とは

トップページ > 水のトラブルについて > 子育て家庭に起こりやすいトイレつまりの原因とは

子育て家庭に起こりやすいトイレつまりの原因とは

子供のおもちゃが原因になることがある

子供のおもちゃが原因になることがある


子育て家庭には、よく起きやすいトラブルがあります。
様々なトラブルがありますが、トイレつまりも一つです。
一人でトイレができない時期は保護者が側でサポートするため、オムツなどを便器に落とさなければつまりが起きることはありません。
しかし、トイレトレーニングを終えて一人でできるようになった時、つまりが起きる可能性が高くなります。
原因は、子供のおもちゃなどを大人が見ていない時に便器に落としたり、流すことです。
幼いうちはトイレに対して恐怖感を持つ子供が少なくないため、おもちゃなどを置いている子育て家庭も多いのではないでしょうか。
子供が持ち込んでいることもありますが、そういったおもちゃを便器に落として流してしまうことがあるのです。
中には、こっそりと食べたおやつを隠すために、つつみ紙などを流しているケースもあります。
水に溶けない固形物は重度のつまりを引き起こすことが多く、汚水が逆流してくる恐れがあります。
排水口の付近に引っかかっていればゴム手袋を着用し、手で取り除きましょう。
手が届かなければ業者に依頼すると安心です。

水に溶けるものも要注意

水に溶けるものも要注意


水に溶けるものでも大量に流すと詰まることがあります。
大量にトイレットペーパーを引き出して遊んでいる場合は要注意です。
通常、水に溶けるペーパー類は便器に流しても問題ありませんが、一度にたくさん流すと詰まってしまいます。
子供が遊ばないようにペーパーのストックなどは手が届かないところに保管しておきましょう。
お尻拭きやオムツも要注意です。
特に、紙オムツは水を含むと膨張するため、排水口の中を完全に塞ぎ、水の通り道を遮断する危険性があります。
また、大きく膨張すると引っかかって取り出しにくくもなります。
子供がいたずらで流さないように、日頃から注意が必要です。
このように、子育て家庭ではトイレつまりが起きる原因があります。
異物を流してしまった時は、何度も排水して押し流そうとせず、すぐに業者を呼びましょう。
放置していると被害が拡大し、修理費が高額になることがあるため、原因がわからない場合も早い段階でプロに依頼することが大切です。