トイレつまりに使える意外な道具とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりに使える意外な道具とは

トイレつまりに使える意外な道具とは

スッポンがなくても安心

スッポンがなくても安心


トイレつまりを直す道具といえば、ラバーカップとも呼ばれるスッポンをイメージする人が多いのではないでしょうか。 この道具は昔から使われているものであるため、知名度が高く、使い方もコツがわかっていれば簡単です。 しかし、自宅に常備していないという家庭も多いでしょう。 お掃除道具とは異なり、つまりが起きた時だけしか使わないものであるため、これまでトラブルが起きたことがない家庭は持っていないことも少なくありません。 持っておくことに越したことはありませんが、常備していない家庭も心配は入りません。 スッポンの代わりとして使えるものがあります。 どの家庭にでもある意外なもので代用することができるため、どのようなものが代用品になるのか、使い方などを知っておきましょう。

キッチン用品で代用ができる

キッチン用品で代用ができる


つまりに使える意外なものとは、キッチン用品であるラップです。
使い方次第でスッポンを使った時と同じような効果を得ることができます。
スッポンは密閉状態と圧力による吸引力を用いてつまりの原因を押し流していきますが、これがラップでもできるのです。
まずは、便座を下げて便器の表面をラップで覆っていきましょう。
この時、密閉状態を作る必要があるため、隙間なく覆うのがポイントです。
また、破けないように2、3枚重ねてください。
次に、排水レバー、ボタンを押して一度水を流します。
そうすると、ラップの中央部分が膨れ上がってくるため、圧力をかけるために手のひらでゆっくりと押し込んでください。
爪を立てたり、思いっきり押し込むと破けてラップが排水口に流れてしまうため注意が必要です。
押し込んだ手を離すと吸引力が生まれて、つまりが起きた時だけしか使わないものであるためトイレに詰まっているものが押し流れていきます。
一度では押し流すことができないことがあるため、何度か試してみてください。
このように、意外なものがスッポンの代わりになりますが、水に溶けるものが原因の時にしか行ってはいけません。
これはスッポンを使うときも同様です。
水に溶けないものは物理的に取り除く必要があるため、トイレの修理業者に依頼をしましょう。