集合住宅のトイレがつまる原因とは

トップページ > 水のトラブルについて > 集合住宅のトイレがつまる原因とは

集合住宅のトイレがつまる原因とは

集合住宅で詰まると被害が拡大しやすい

集合住宅で詰まると被害が拡大しやすい


集合住宅でもトイレつまりが起きますが、一戸建て住宅よりも被害が拡大する恐れがあるため、トラブルを未然に防ぐことや、軽度のうちに対処することが大切です。
そのためには、トイレつまりの原因を知っておく必要があります。
集合住宅に限らず、トイレつまりが起きる原因は大きく分けると2つです。
ひとつは、水に溶けるものを一気にたくさん流してしまった時、もうひとつは水に溶けない固形物を便器に流してしまった時です。
それぞれ対処法が異なるため、必ず原因を特定してから対処しなければなりません。
また、水に溶けない固形物が原因のつまりは重症化しやすいです。
重症化すると汚水が便器から溢れ出してきて、床や壁が汚れるだけでなく、浸水する危険性もあります。
集合住宅の場合、浸水すると隣のお部屋に住む人、下の階に住む人にまで迷惑をかけてしまい、損害賠償を請求される恐れがあるため、日頃から水に溶けないものは流さないように注意してください。
水に溶けないものはトイレットペーパーや排泄物、便器に流しせるグッズ系以外のものです。
これら以外は、別の方法で処分しましょう。

溶けるものでも詰まる

溶けるものでも詰まる


基本的に、便器には水に溶けるペーパー類、排泄物しか流しては行けませんが、これらが原因で詰まってしまうことも少なくありません。
普段からペーパーの使用量が多い人もいるのではないでしょうか。
溶けるように作られていても、一気に大量のペーパーを流してしまうと、溶け切らずに排水管の奥で滞ってしまうのです。
排泄物と絡み合うとさらに大きな塊となり、水の流れを塞いでしまいます。
時間と共に自然と溶けていきますが溶け切る前に次に人が使用すると、さらにつまりやすい状況になります。
排泄物の量が多いと思った時は、ペーパーを使用する前に一度、排水してペーパー類も複数回に分けて流すようにしましょう。
このように、原因は主に2つありますが、水に溶けないものは物理的に取り除かなければならないため、素人では対処できないことが多いです。
状況がひどくなる前に業者に修理を依頼してみてはいかがでしょうか。