トイレつまりでコロナ感染するリスクについて

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりでコロナ感染するリスクについて

トイレつまりでコロナ感染するリスクについて

自宅内でも気をつけよう

自宅内でも気をつけよう


トイレはコロナ感染のリスクがあると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
最近ではワクチンが登場したり、感染者数が減ったりと油断してしまいがちですが、まだまだ安心できる状況ではありません。
現在は飛沫感染と接触感染でコロナにかかるリスクがあるとされており、近い距離で会話をしたり、くしゃみや咳をするときに手で口などを押さえるとウイルスが手に付いてしまいます。
その手で周囲の物に触れるとその部分にウイルスが付き、そこに触れた人がコロナ感染してしまうのです。
徹底していてもリスクをゼロにすることは難しいですが、マスクをしたり外出を自粛するなど気をつけている人が多いでしょう。
お家の中でもコロナ感染のリスクがあるため、注意しなければなりません。
例えば、感染していることに気がつかずに使った設備です。
感染者が使ったトイレからウイルスが多く検出されているため、予防を考える上で十分に気をつけなければならない場所だと言えます。

日頃から詰まらせないように要注意

日頃から詰まらせないように要注意


トイレの水を流すときは便器の蓋を閉めること、使用後は手をしっかり洗って消毒をすることは徹底しましょう。
また、つまりを起こさないように気をつけてください。
スッポンなどを使って修理することができますが、その際にウイルスが汚水に含まれていると、そこから感染するリスクがあるからです。
飛び散った汚水に触れてしまった、壁や床に飛び散ると感染リスクが高まります。
どこにウイルスが付着しているのか目で確認することはできないため、修理時にウイルスのついた場所を気がつかずに触れてしまう恐れもあります。
少しでもリスクを軽減するためにも、普段からつまらないように気をつけてください。
例えば、ペーパー類と排泄物は、一気に流すのではなく数回に分けて流すなどです。
排泄物を一度流した後にペーパー類を流すだけでつまりの予防になります。
ペーパー類も使いすぎないように心がけてください。
万が一、つまりが起きてしまった時は修理業者に依頼することをお勧めします。
修理業者はプロであるため、つまりを直せるだけでなく感染対策も徹底して作業をしてくれます。