便が原因でトイレつまりが起きたときには

トップページ > 水のトラブルについて > 便が原因でトイレつまりが起きたときには

便が原因でトイレつまりが起きたときには

《 定番の対処法はスッポン 》

《 定番の対処法はスッポン 》


トイレつまりが起きる原因はトイレットペーパーの流しすぎが多いですが、排泄物が原因になることも少なくありません。
便の大きさ、硬さによってつまりを起こす恐れがあるため、対処法を知っておきましょう。
定番の方法はラバーカップとも呼ばれるスッポンを使った対処法です。
100円ショップでも販売されており、手に入りやすいため常備している家庭も多いのではないでしょうか。
使い方のコツを知っていれば、簡単に押し流すことができます。
ポイントは、排水口に合うカップの大きさのものを選ぶこと、使用時はカップ部分が水に浸かっていることです。
カップ内部を真空状態にしなければ効果がないため、必ずぴったりなサイズのものを選び、ある程度の水位を維持しましょう。
水位が低すぎる場合はバケツなどで調整してください。
多すぎると作業中に汚水が溢れ出したり、飛び散ることもあるため、適度に調整することがポイントです。
また、カップを排水口にしっかり密着させて、ゆっくりと押し込み、角度を変えずに思いっきり引っ張り上げます。
よく押し込むようにスッポンを動かす人が多いですが、コツは引っ張り上げて空気圧で押し流すことです。
便によるトイレつまりは軽度であるケースが多いため、スッポンで解消できるでしょう。

《 お湯でほぐしておくと効果的 》

《 お湯でほぐしておくと効果的 》


スッポンを使う前にお湯を注いで、便を柔らかく解しておくのも効果的です。
お湯は40度から60度に調整し、排水口に注いで1時間ほど放置してください。
そうすることでスッポンを使った時の効果を高めることができます。
お湯でも効果がなかったり、ラバーカップを持っていない場合は液体洗剤を使った対処法がおすすめです。
お湯との併用も効果があります。
このように、いくつかの方法がありますが自力では対処できない時もあります。
無理矢理直そうとすると悪化する恐れがあるため、業者に依頼してください。
ワイヤーブラシもつまりを解消できるアイテムですが、経験のない人はうまく使いこなせないことがあるため、業者に依頼することを検討しましょう。
原因がわからない時もプロにお願いすると安心です。
軽度のうちに業者に連絡してみてはいかがでしょうか。