紙つまりが原因のトイレつまりの対処法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 紙つまりが原因のトイレつまりの対処法とは

紙つまりが原因のトイレつまりの対処法とは

《 お湯を注ぐだけで解消できる? 》

《 お湯を注ぐだけで解消できる? 》


トイレつまりの原因がトイレットペーパーやお掃除シートなどの紙製品であるケースも少なくありません。
トイレに流してもいいように作られているため、なぜつまりの原因になるのか疑問に思うこともあるでしょう。
主な原因は流しすぎです。
水に溶けるように作られている紙製品も、一度にたくさん流すと排水管の奥で大きな塊となり、水が流れなくなってしまいます。
時間が経てば溶けて解消されることも多いため、しばらく使用をやめて様子をみましょう。
また、お湯を注ぐと溶けやすくなります。
熱湯は便器を傷める原因になるため、40度から60度に調整してから注ぐのがポイントです。
便器内の水位が高い場合はバケツや空のペットボトルなどを使って量を減らしておきましょう。
排水口にお湯を注ぎ、30分から1時間ほど放置します。
その後、解消されたかどうかを確認するために、バケツを使って水の流れをチェックします。
スムーズに流れていけばつまりが解消された証拠です。

《 重曹とクエン酸を使った方法 》

《 重曹とクエン酸を使った方法 》


重曹とクエン酸を使って溶かすこともできます。
重曹はお掃除で使うものを用意し、クエン酸は調味料であるお酢で代用をすることが可能です。
重曹150g、お酢100mlを排水口に注ぎ、便器の半分ほどくらいまでお湯を注ぎ込みます。
蓋を閉めて1時間ほど放置し、最後に水の流れを確認するだけです。
溶け具合が甘い場合は、スッポンを使って押し流すと解消されるでしょう。
手を汚さずに、簡単にできる対処法なため素人でもチャレンジできるはずです。
このように、水に溶ける紙製品は自力で対処することが可能ですが、中には素人では手がつけられないほど重症化するものもあります。
例えば、紙おむつや生理用ナプキンです。
これらは、水に溶けない紙製品であるため、お湯や重曹などを使っても溶かすことはできません。
それだけでなく、水を含むと膨張し排水管の中を完全に塞いでしまいます。
その状態で水を流すと便器から汚水が溢れ出してくるため、水に溶けるもの以外は業者に依頼してください。
原因がわからない時は初めからプロに相談しましょう。