トイレつまりで業者から高額請求された時には

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで業者から高額請求された時には

トイレつまりで業者から高額請求された時には

《 水道工事にも使える制度 》

《 水道工事にも使える制度 》


トイレつまりの修理を業者に依頼することがあるでしょう。
自分で直すことができないトイレつまりは業者にお願いすると安心ですが、しっかり見極めなければ業者との間で金銭トラブルが起きる恐れがあります。
なぜなら、中には悪徳業者が存在するからです。
よく起きるトラブルは高額請求です。
依頼する前に問題が起きないよう、悪徳を見極めることができれば被害に遭うこともありませんが、気をつけていても引っかかることがあるため、高額請求された時の対応について知っておきましょう。
一般的な対応方法はクーリングオフです。
これは商品の購入時のみに適用される制度だと思っている人が多いですが、水道工事に関するトラブルにも適用される場合があります。

《 どの場合に適用できる? 》

《 どの場合に適用できる? 》


クーリングオフは、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度です。
どの場合にでも適用できるものではなく、特定商取引法や法律で定められた契約に限って解除することができます。
例えば、訪問販売などです。
アポイントなしで自宅に訪問してきた業者に、トイレつまりの修理を無料もしくは格安で行うと言われて契約してしまう人も少なくありません。
無料、半額といった言葉は魅力的ですが、作業後に相場とかけ離れた高額な費用を求めてくる業者が存在します。
修理内容が不当なものであったり、法外な価格を請求してきた場合は、消費生活センターにクーリングオフが適用可能か相談してください。
また、簡単な作業で解消できるトイレつまりを、便器の交換が必要だと嘘をついて高額請求をしてくることもあるようです。
トイレは生活に欠かせない設備なため、費用が高くても早く直してもらいたいと思う人も多いでしょう。
焦って契約をすると、消費者も望んで契約をしたとみなされてクーリングオフができない恐れがあるため注意してください。
このように、トラブルが起きた時の対応方法がありますが、クーリングオフ制度が適用されない場合や、業者の連絡先がわからず泣き寝入りするしかないケースもあるようです。
そのようなことにならないためにも、内訳が書かれた見積書を作成してもらうことや追加請求の説明をしっかり行う業者に依頼するようにしましょう。