トイレつまりでトイレットペーパーを溶かす方法とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりでトイレットペーパーを溶かす方法とは

トイレつまりでトイレットペーパーを溶かす方法とは

《 溶かすと解消できる 》

《 溶かすと解消できる 》


トイレつまりの原因は様々ですが、意外なものが詰まっていることがあります。
例えば、トイレットペーパーです。
通常、便器に流すものですが、流し過ぎによってつまりを引き起こすことがあるのです。
普段からトラブルが起きないように気をつけなければなりませんが、すでに紙詰まりを引き起こしてしまった家庭もあるでしょう。
紙詰まりの対処法は溶かすことです。
トイレットペーパーは水に溶けるように作られているため、溶かす方法が効果的です。
水に溶ける製品であれば、この方法が効果的なためお掃除シートや排泄物の流し過ぎによって詰まったときにも試してみてください。
しかし、間違った方法で行うと悪化する恐れがあるため正しい溶かし方を知っておきましょう。

《 知っておきたいポイントと注意点 》

《 知っておきたいポイントと注意点 》


溶かす際に用いるのはお湯です。
特別な薬品は必要ありません。
自宅でお湯を沸かして排水口に注ぎ、しばらく放置することで自然と溶けて解消されることがあります。
しかし、いくつかのポイントや注意点があるため、知っておかなければなりません。
ポイントの一つは、便器内の水位が高いときバケツなどで汲み取っておくことです。
水量が多いとお湯の温度が下がってしまうため、できる範囲で汲み取っておきましょう。
バケツが使いにくいときは空のペットボトルや給油ポンプなどを使うと便利です。
また、高い場所から注ぐこともポイントです。
流れるお湯が細くなるようにすることで、排水口の奥にある水に動きが出てそのまま流れていくことがあります。
注意点は温度です。
熱湯の方が溶けやすいイメージがありますが、あまりにも熱いと便器がひび割れを引き起こす恐れがあります。
特に寒い季節は便器も冷たくなっており、急激な温度差によって割れてしまうことがあるのです。
便器の交換になると修理費も高額になるため、40度から60度に調整してください。
このようなことに気をつけて注ぐと溶かすことができるでしょう。
溶け具合が甘い時は、お掃除の時に使う重曹、お酢を注いでからお湯を使用すると効果的です。
このような方法でもつまりが解決しない時は業者に修理を依頼してください。