引っ越し先でトイレつまりが頻繫に起きる時には

トップページ > 水のトラブルについて > 引っ越し先でトイレつまりが頻繫に起きる時には

引っ越し先でトイレつまりが頻繫に起きる時には

《 新居で頻繁にトラブルが起きた時の対処法 》

《 新居で頻繁にトラブルが起きた時の対処法 》


これまでトイレつまりが起きたことがなかったのに、引っ越し先で頻繁にトラブルが起きるという家庭もあるのではないでしょうか。
引っ越し先でトイレつまりが起きると、いい気持ちで新生活をスタートさせることができません。
通常、トイレつまりはペーパー類や排泄物の流しすぎや、水に溶けない固形物を落としたなどが原因で起きますが、引っ越し先のお家で頻繁に起きるのはおかしいです。
それほど使用もしていない状態でトラブルが多発した場合には、管理会社に責任を問うことができます。
以前から故障していたり、しっかりと管理をせずに新しい入居者へ引き渡しを行った可能性あるため、管理会社に連絡をしてください。
下手に触ると、さらに症状がひどくなる恐れがあるため、要注意です。
まずは、賃貸借契約書や重要事項説明書を確認し、トイレの故障に関する内容が書かれているかどうか調べてください。
そして、管理会社に頻繁にトラブルが起きていることを伝えて、指示を仰ぎます。
賃貸物件の場合は、勝手に修理業者に依頼をしてはいけません。
管理会社や大家さんと提携している業者がいる可能性があるため、必ず管理会社に連絡をして指示を受けましょう。

《 入居後しばらくしてからの不具合は 》

《
入居後しばらくしてからの不具合は 》


入居してからしばらく経過した後に不具合が起きることもあるでしょう。
日頃の使い方に問題がなく不具合が起きた時も管理会社の責任になる可能性が高いですが、入居者の使い方が原因で起きたトラブルは、修理費も自己負担しなければなりません。
例えば、流してはいけないものを流してしまったなどです。
できるだけ自己負担は避けたいものですが、いつまでもトラブルを隠し続けることはできません。
日常生活に欠かせない設備なため、早いうちに修理を依頼することが大切です。
軽度であれば自力で対処することができるでしょう。
スッポンを使って押し流したり、お湯で溶かす方法は素人でもチャレンジしやすいです。
しかし、水に溶けないものは物理的に取り除かなければならず、奥へいくほど取り出すのが困難です。
押し流そうとすると重症化するため、業者に依頼してください。