二階のトイレがつまった時の影響とは

トップページ > 水のトラブルについて > 二階のトイレがつまった時の影響とは

二階のトイレがつまった時の影響とは

《 なぜ二階に逆流してくる? 》

《 なぜ二階に逆流してくる? 》


二階建てのお家は、一階部分だけでなく二階にもトイレを設置していることがあるでしょう。
各フロアにトイレがあれば、階段を行き来することなく使用できるため便利です。
しかし、二階のトイレがつまりを起こすと、一階部分にも影響を与える恐れがあるため注意しなければなりません。
影響を与える原因は構造が関係しています。
二階以上の建物は各フロアで水回りが連動する排水構造をしており、上階でつまりが起きると下階のトイレが逆流するなどの影響を受けます。
通常、二階建てのお家は建物全体の排水が流れる排水管と、その排水管から枝のように伸びているサブの排水管の2種類が通っているのが基本的な構造です。
メインとなる排水管は最上階から縦につらぬいて地面の下を通って下水に繋がっており、各フロアの水回りを個別に引かれているのがサブの排水管です。
サブの排水管を通ってメインの排水管で合流し、下水に流れていきます。
二階の水回りがつまり、一階に逆流してくるのはメインの排水管がつまりを引き起こしている可能性が高いです。
排水がうまくいかない状況の中で、新たに水が流れ込んでくると排水が間に合わずに逆流が起こってしまうのです。

《 自力で対処することが難しい 》

《
自力で対処することが難しい 》


メインの排水管トラブルはお家全体に影響を与えます。
一つの水回りに問題が起きると他の水回りが使えなくなるため、普段から排水管を詰まらせないように対策することが大切です。
例えば、トイレに異物を流さない、溶けるものでも少量ずつ流すようにするなどが挙げられます。
また、メインの排水管が詰まると自力で対処することができません。
重症化していると排水管自体の交換が必要になるケースもあります。
ひどくなる前に業者に対処してもらいましょう。
また、天候の影響を受けると二階のトイレが逆流することもあります。
台風や大雨の日は水回りが流れにくいと感じることもあるのではないでしょうか。
これは天候が落ち着くと解決することがほとんどですが、逆流を防ぐために水嚢を作って排水口部分を塞ぐと効果的です。
ゴミ袋に水を入れて簡単に作ることができるため、試してみてください。