賃貸住宅でトイレつまりが起きたときの対処法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 賃貸住宅でトイレつまりが起きたときの対処法とは

賃貸住宅でトイレつまりが起きたときの対処法とは

《 費用負担はどうなる? 》

《 費用負担はどうなる? 》


賃貸住宅でトイレつまりが起きた時、修理費用の負担は誰になるのか気になるでしょう。
自力で直せる程度のトイレつまりであれば、100円ショップなどで道具を購入し費用を抑えて修理することができますが、重症化していると素人では対処できません。
業者に依頼することになりますが、症状や原因によって金額も変動するのが一般的です。
まずは、自力で対処できる原因かどうか探ってみましょう。
トイレットペーパーや流せるグッズ、排泄物の流しすぎであれば軽度で済むケースが多く、自力で直すことができます。
スッポンを使ったり、お湯を注いで溶かしてみてください。
溶けない異物や原因不明の場合は、業者に依頼するしかありません。

《まずは管理会社に連絡 》

《
まずは管理会社に連絡 》


業者に依頼する際、賃貸住宅の場合は最初に管理会社に相談をしてください。
一戸建ての場合は自分で業者を探して連絡をしても問題がありませんが、賃貸住宅は管理会社側で修理業者が決まっているケースが多く、自己判断で業者を選ぶとトラブルが起きる可能性があります。
管理会社が決めている修理業者であれば自己負担なく対処できたトイレつまりも、他の業者に依頼したことで全額自己負担になることもあるのです。
そのようなことがないように、まずは管理会社に連絡をして費用負担や業者の選び方を相談してください。
基本的には、自身の占有スペースでのトラブルは借主が負担することが多く、共有スペースで問題が起きたり借主の過失ではないトラブルは貸主が負担します。
また、火災保険が適用されるケースもあります。
保険の種類や内容によって適用範囲が異なりますが、つまりによって汚水が溢れ出し、床の浸水トラブルに繋がった時に適用されることが多いです。
詰まったものを取り除く作業費には適用されないため注意してください。
加入している本人が保険会社に連絡をして手続きをしなければならないため、管理会社に連絡をした後に保険会社にも相談をしてみてください。
水回りのトラブルは慌てやすいですが、対処法を間違えることがないように、日頃から連絡先などをチェックしておくと安心です。