設備が原因のトイレつまりの解消法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 設備が原因のトイレつまりの解消法とは

設備が原因のトイレつまりの解消法とは

《 設備トラブルが原因の場合もある 》

《 設備トラブルが原因の場合もある 》


トイレは自宅にある設備の中でも使用頻度が高く、その分、つまりなどのトラブルが起きやすい傾向にあります。
トイレつまりの原因は、溶けない固形物を流してしまったなど様々ですが、設備に問題があるケースも少なくありません。
例えば、トイレタンクです。
タンクの中にはいくつかの部品が取り付けられており、必要な部品以外は入っていないのが基本ですが、節水のために水の入ったペットボトルを置いて水位を上げている家庭もあるのではないでしょうか。
効果的な節約の方法だと思っている人も多いですが、便器の排水量は最低限の量が流れるように設計されており、必要以上に水量を抑えてしまうと、排泄物などが流れにくく、つまりが起きやすい状態を作ってしまいます。
つまりが起きると修理費がかかり、せっかく抑えてきた水道代が無駄な出費に変わることになるため、タンクの中に不要なものを入れて水量を調整するようなことはやめてください。

《 自力で対処できないものは業者に依頼しよう 》

《
自力で対処できないものは業者に依頼しよう 》


タンクに不要なものを入れていなくても、劣化や部品の不調などのトラブルも起きます。
チェーンが絡まっていたり切れていないか、ボールタップの位置は正常かなど確認してみてください。
劣化しているものは新しく交換すると解決するでしょう。
他にも手洗い管からの水漏れによって、タンク内の水量が減り、トイレつまりにつながることがあります。
手洗い管の水漏れはタンクの中が故障しているのが原因です。
部品の交換、正しい位置に戻すだけでは改善できないこともあるため、タンクや手洗い管などの設備トラブルは業者に修理をお願いしてください。
しかし、軽度であれば自力でも解消することが可能です。
定番の道具といえばスッポンをイメージする人が多いでしょう。
コツを掴めば簡単に解消できますが、作業時に注意しなければならないことがあります。
1つは止水栓や元栓を開けたまま作業することです。
開けた状態で作業をすると水漏れの危険性があるため、必ず水を止めた状態でスッポンを使うようにしてください。
また、溶けない固形物は押し流してはいけないため、原因がわからない時や溶けないものだとわかっている場合は初めから業者にお願いして解消してもらいましょう。