凍結でトイレつまりが起きた時には

トップページ > 水のトラブルについて > 凍結でトイレつまりが起きた時には

凍結でトイレつまりが起きた時には

《 冬に起きやすい水回りトラブル 》

《 冬に起きやすい水回りトラブル 》


寒い季節になると水回りが凍結しやすくなります。
特に、雪が降る地域では凍結によってさまざまなトラブルが起きるため、対策が欠かせません。
お風呂場やキッチンなど自宅にはいくつかの水回りがありますが、その中でもトイレトラブルは多い傾向にあります。
日常生活に欠かせない設備であるため、トイレの排水管が凍結する原因や対処法などを知っておくことが大切です。
排水管が凍結する原因は主に3つあります。
1つは最低気温がマイナス4度以下の時、2つ目は長期間続く真冬日、3つ目は長期間トイレを使用しない日が続くことです。
便器に水を流していれば、ある程度寒くなっても凍結することはありませんが、旅行などで使用しない日が続くと、給水管の水が凍ってしまう恐れがあります。
凍結するとつまりを起こすことや、配管が破裂するなどの被害につながるため、すぐに対処しましょう。

《 効果的な対処法 》

《
効果的な対処法 》


凍結によってつまりが起きた時の対処法は、まず温度を上げて温めることです。
完全に凍っていなければ、室内を温めてみましょう。
カイロを当てて温めるのも効果的です。
暖かさが不十分であれば、ぬるま湯をかけてみてください。
ある程度凍っていても温めて解消することが可能です。
しかし、熱湯をかけると破裂する恐れがあるため、45度から55度を目安にしましょう。
また、日頃から対策も行うことが大切です。
給水管に残っている水が凍るのが原因であるため、止水栓を閉めて排水し、タンク内の水を全て使い切ってください。
他にも便器用のヒーターを使うという方法もあります。
凍結だけでなく、流したものが冷えてつまりを引き起こすケースもあります。
排泄物も寒さによって塊、氷のように固まってしまうのです。
トイレットペーパーなどと絡み合うと大きな塊となってつまり具合が酷くなるため、溶かして解消させる必要があります。
便器内の水を汲み出して、ぬるま湯を注ぎ、しばらく放置をしてください。
お湯が固まった汚物を柔らかくほぐし、流れやすい状態を作ることができます。
排水管が破裂したり、つまり具合がひどい場合は自力で対処することが困難であるため、業者に修理を依頼してください。