エアコンの水漏れの原因になるドレンホースの疑問点とは

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンの水漏れの原因になるドレンホースの疑問点とは

エアコンの水漏れの原因になるドレンホースの疑問点とは

《 よくある疑問点について 》

《 よくある疑問点について 》


エアコンについているドレンホースについて、疑問点がある人もいるのではないでしょうか。
エアコンの本体ばかりに目がいきがちですが、正常に稼働させるためには重要な役割があります。
よくある疑問点は劣化するかどうかです。
ドレンホースは常に外気に晒されており、雨風や日光の紫外線を受けると劣化します。
劣化すると割れるため、完全に傷む前に交換してください。
一般的には3年から5年ほどで劣化するため、定期的に交換をしましょう。
エアコンから水漏れしてきた、設定温度にならないなど不具合を感じたら交換するタイミングかもしれません。
自己判断が難しいときは専門業者に様子をチェックしてもらい、判断をしてもらうと安心です。

《 カバーと本数について 》

《
カバーと本数について 》


ドレンホースにカバーをしたほうがいいのかといった疑問点もよく挙がります。
化粧カバーが使われることが多いですが、これは配管を保護するものです。
必ずカバーをしなければならないというわけではありませんが、お部屋をスッキリ見せたり劣化を防いだりするために使用する人も少なくありません。
このカバーは自分で取り付けることが難しいため、業者に依頼してカバーをつけてもらいましょう。
他にもホースが2本あってどちらがドレンホースなのかわからないという人もいるはずですが、2本あることはおかしいことではありません。
2本ある理由はエアコン本体からの1本、室外機から1本が出ているからです。
冷房を使っているときは室内機、暖房を使っているときは室外機から水が排出される仕組みがあります。
そのため、2本あってもおかしくないのです。
また、ホースは定期的にメンテナンスをしなければ、水漏れの原因になります。
本体の内部に溜まった水分を外へ排出しなければ、水分が逆流して水漏れにつながります。
ホースの排出口に汚れや虫が詰まっていて塞がっていると水が逆流してくるため、表面を歯ブラシで磨いたり中を掃除機で吸い取って綺麗にしておきましょう。
また、劣化して割れている場合は早い段階で交換することをお勧めします。
わからなければ専門業者に依頼してください。