エアコンの水漏れが発生するドレンホースの役割とは

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンの水漏れが発生するドレンホースの役割とは

エアコンの水漏れが発生するドレンホースの役割とは

《 大切な役割を担っているホース 》

《 大切な役割を担っているホース 》


エアコンにはドレンホースというものがついています。
普段はあまり気にかけない部分ですが、正常にエアコンが稼働するためには欠かせない役割を担っているのです。
主な役割はエアコン内部に溜まった水を排出することです。
エアコンの冷房をつけると、室内機から水がでます。
これは、温度が下がることで空気が含むことができる水分量が少なくなり、空気中から水分が排出されるからです。
空気中から出た水分はエアコンの内部に溜まる仕組みをしていますが、ある程度の量しか溜めることができません。
そのため、外へ排出しなければならないのです。
その排出をする役割がドレンホースにありますが、スムーズに排出できなければ水が逆流して水漏れにつながります。
水漏れだけでなく、カビが発生したり故障にもつながるため、注意しなければなりません。
また、汚れが溜まったり位置がズレたりしていると水漏れの原因となるため、日頃からお掃除をすることが大切です。

《 劣化することもある 》

《劣化することもある 》


ドレンホースは室外機付近まで伸ばされており、排出口から水を出していますが、常に外気に晒されているため紫外線や雨風によって劣化します。
できるだけ長持ちさせたい場合はカバーなどで覆っておきましょう。
耐候性のものを使用するのも一つの方法ですが、価格が高くなります。
また、排出口が地面に接していると埃や泥、虫などが入り込みつまりの原因になります。
虫を防ぐキャップを使うことも可能ですが、ゴミや汚れは完全に防ぐことができないため、お掃除をしてください。
表面は歯ブラシや割り箸を使って磨き、内部に溜まった汚れは掃除機や専用ポンプで吸い取ると綺麗になります。
しかし、劣化が激しく割れているようであれば新しいものと交換してください。
掃除機を使う際には水分が入り込まないように要注意です。
水分が入り込むと故障につながるため、排出口にタオルを巻いたり完全に乾かしてから作業する必要があります。
このようにお掃除をする必要がありますが、故障のリスクもあるため心配な人は専門業者に依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。