エアコンの水漏れの原因になるドレンホースを掃除するには

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンの水漏れの原因になるドレンホースを掃除するには

エアコンの水漏れの原因になるドレンホースを掃除するには

《 汚れが原因でトラブルが起きる 》

《 汚れが原因でトラブルが起きる 》


エアコンの水漏れにはさまざまな原因がありますが、ドレンホースが汚れることでトラブルが起きることも少なくありません。
ドレンホースを日頃からお掃除していれば水漏れを防ぐことができるため、普段はあまり気にならない部分ですが綺麗にしてみてはいかがでしょうか。
ドレンホースが汚れるのは細いからです。
外からのゴミや虫が詰まっていたり、エアコン内部のほこりが蓄積されるため、つまりが発生します。
まずは、排出口の塞がりを解消させましょう。
基本的には室外機付近に先端に穴が空いている細いホースがあるため、探してみてください。
深くまで入り込んでいる汚れは対処できませんが、割り箸や歯ブラシなどを使うと表面に蓄積されたゴミは、簡単に取り除けるはずです。
また、ゴミだけでなくホースの位置が悪いことが原因で排水がうまくいかず、本体に溜まっている水が溢れ出しているケースもあります。
これは、位置を直すことで水漏れが解消されます。

《 内部を綺麗にするためには 》

《
 内部を綺麗にするためには 》


排出口を綺麗にしてもトラブルが解決しない場合もあります。
これは、ホースの中に汚れが溜まっている可能性が高いです。
割り箸などでは奥まで届かないため、掃除機を使って吸い取るといいでしょう。
大きなものや水分を吸い込まないようにホースの先に布を巻きつけて排出口に掃除機をぴったり密着させてから吸い取ります。
この時、布で覆うことで大きなゴミや水分が掃除機で吸い取らないように予防していますが、完全に抑えられるわけではないためエアコンの使用を数日間やめてから作業するようにしてください。
水が溜まっているとザザっという音がするため、聞こえてきたら掃除機を離しましょう。
また、エアコン用ドレンのつまり取りポンプという道具を使う方法もあります。
これは掃除機よりパワフルでダイレクトに吸い取ることができるため、一つは持っておくといいでしょう。
ポンプを使うときはポンプの口を排出口に入れ込み、隙間なく密着させます。
掃除機の時のように布で覆う必要がないため楽です。
持ち手を引っ張って汚れを吸い上げるだけでお掃除が完了します。
このように汚れを取り除いていくと水漏れトラブルは解決するはずです。
それでも解決しない場合は業者に相談しましょう。