エアコンのクリーニング後に水漏れが起きたときには

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンのクリーニング後に水漏れが起きたときには

エアコンのクリーニング後に水漏れが起きたときには

《 お掃除した後に水漏れが起きたら 》

《 お掃除した後に水漏れが起きたら 》


エアコンは定期的にクリーニングをしなければなりません。
しかし、長い間メンテナンスをせずに使い続けている人も多いのではないでしょうか。
室内の高い位置に取り付けられることが多い設備であるため、簡単にお掃除ができません。
しかし、クリーニングをせずに放置すると悪臭の原因になったり、設定した温度とは異なる風が流れてきます。
暮らしに影響を与えるため、定期的なお掃除が必要です。
自分でお掃除することが難しい場合は業者に依頼するのも一つの方法ですが、クリーニング後にエアコンから水漏れを起こすことがあります。
水漏れの原因はいくつかありますが、一つは内部で汚れがつまりを起こしたことが挙げられます。
エアコンの上部にあるアルミフィンに付着したホコリや汚れが洗浄することで落ちて、つまりを引き起こすことがあるのです。
その汚れは外にあるホースの内部でつまることが多いため、中を覗いて何か詰まっていないかチェックしてみてください。
詰まっているものは、細長い棒のようなもので取り除くと解決するでしょう。
アルミフィンの下にあるドレンパンの穴にホコリが入り込んで排出できなくなるケースもあります。
このように、つまりが原因のときはそれを除去することで水漏れは解決します。

《 作業ミスによってトラブルが起きることもある 》

《
作業ミスによってトラブルが起きることもある 》


エアコンの位置がずれるというケースもあります。
業者は正しい位置に取り付けるように気を付けますが、プラスチックの表面カバーを取り付けたり外すときに、本体を持ち上げることで位置がずれることがあるのです。
通常、エアコンはドレンホースから排水できるように、左右どちらかに傾けて取り付けますが、元々設置されていた方と反対側の位置を高くしてしまうとドレンパンが溢れて水漏れが起きてしまいます。
これは、本体の位置を元に戻すことで改善するため、確認するといいでしょう。
他にも、作業中に何かの原因でドレンパンが破損し、水が漏れてくるというケースもあります。
強力な洗剤を使ったり、作業ミスによって破損する可能性はゼロではないため、注意しなければなりません。
このようにクリーニング後にトラブルが起きることがあります。
業者のミスであれば、クリーニング後に不具合を報告し、対処してもらいましょう。