エアコンの水漏れを放置してはいけない理由とは

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンの水漏れを放置してはいけない理由とは

エアコンの水漏れを放置してはいけない理由とは

《 放置するのは危険 》

《 放置するのは危険 》


エアコンの水漏れを放置している家庭も多いのではないでしょうか。
垂れ流れてくる場合ではなければ見て見ぬふりをしたり、気がつかないことも少なくありません。
しかし、エアコンの水漏れは放置してはいけません。
その理由は、エアコン本体に影響を及ぼす危険性が高いからです。
電装部分に水が伝わるとショートして壊れたり、コンセント部分に付着してブレーカーが落ちる恐れがあります。
汚れた水が滴って壁やクロスに付着すると汚水の跡も取れません。
多少の汚れであれば気にならないという人もいるかもしれませんが、構造の内部にある石膏ボードが膨れてきたり、カビが生えてくると修繕費用も高額になります。
このような理由があるため、エアコンの水漏れは放置しないようにしましょう。

《 原因と対処法 》

《
 原因と対処法 》


放置してはいけない理由はわかっていても原因がわからなければ対処はできません。
滴ってくるたびに拭いても根本的な原因を解決していないため、故障するリスクがあります。
よくある水漏れの原因はフィルターの汚れです。
しばらく本体のお掃除をしていない人も多いのではないでしょうか。
フィルターのお掃除をしばらくしていないと、フィンの結露で発生した水分がホコリを伝って下に落ちてきます。
ホコリを取らない限り水を止めることはできません。
ドレンパンも汚れがたまると、水分を溜めてドレンホースから排出することができなくなり、吹き出し口に逆流してくることもあります。
ドレンパンは分解が必要になるため、素人でお掃除をするのは困難です。
業者にクリーニングをお願いしましょう。
室内機と室外機を循環している金属パイプが結露状態になって、水滴を発生させることもあります。
設置する際に断熱材やテープを使って設置をしますが、接合部分に亀裂やズレが生じで水滴ができている可能性も考えられます。
金属は錆を含んだ水滴が滴ってくるため、業者に再度工事をお願いしなければなりません。
このように、様々な原因がありますが、素人ではどこに問題が起きているのかわからないこともあるのではないでしょうか。
エアコンの水漏れが起きた時には、専門業者に相談して原因を調べた上で修理をしましょう。