ドレンパンが原因でエアコンが水漏れしたときは

トップページ > 水のトラブルについて > ドレンパンが原因でエアコンが水漏れしたときは

ドレンパンが原因でエアコンが水漏れしたときは

《 汚れがひどいと水が逆流してくる 》

《 汚れがひどいと水が逆流してくる 》


エアコンから水漏れが発生する原因はいくつかありますが、その一つはドレンパンです。
聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。
エアコン本体の内部にあり、分解しなければ見ることができないため、知らない人も多いはずですが、問題が発生することも多いです。
まずは、どのような役割を担う部分なのか知っておきましょう。
通常は水を溜めて外に流すという役割をしています。
フィンと呼ばれる熱交換器は冷房をつけると水滴が出るため、その水滴を溜める箇所になります。
水漏れが発生する理由の多くが、ドレンパンの汚れである可能性が高いです。
重要な役割を担いますが、放置するとホコリなどが蓄積されて外に流れるはずの水が、ドレンホースの中でつまりを起こしてしまうのです。
汚れと混じった水が逆流してくると本体の吹き出し口から水漏れを起こします。
水漏れはドレンパンの汚れだけが原因ではありませんが、しばらく使用していない場合や掃除をしていないという人は、ドレンパンの掃除をしてみましょう。

《 ドレンパンを掃除するには 》

《
 ドレンパンを掃除するには 》


ドレンパンを掃除する場合には、ドレンパンを取り外さなければなりません。
まずはエアコンのカバーを外します。
ネジが隠れていることがあるため、確認しながら取り外しましょう。
カバーを取り外したら風向きを調整する板を外し、その後にドレンホースを抜いてドレンパンを取り外す流れです。
外したらシャワーでホコリを洗い流しましょう。
汚れがひどい場合は、しばらく塩素系漂白剤につけておくと綺麗になります。
しっかりと乾かしたら、取り外した手順とは逆の手順で取り付けて終了です。
単純な作業なだと思うかもしれませんが、エアコンは高い位置に取り付けられていることが多く、一人で外すのは難しいという人もいるのではないでしょうか。
作業方法を間違えると故障する原因にもなります。
無理だと判断したら、業者に依頼することも検討してみてください。
特に、自動掃除機能が付いているタイプは内部構造が複雑です。
通常の外し方ができないことも多いため、専門業者に依頼する必要があります。
メンテナンスを兼ねて清掃をお願いしてみてはいかがでしょうか。