エアコンが水漏れしたときに確認することとは

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンが水漏れしたときに確認することとは

エアコンが水漏れしたときに確認することとは

《 まずはホースをチェック 》

《 まずはホースをチェック 》


エアコンの水漏れトラブルは、どの家庭にでも起きることです。
慌てることがないように症状が見受けられたら確認することを知っておきましょう。
まずは、お家の外に取り付けられている管を見てみてください。
この管はドレンホースと言って、エアコンの内部で発生した水を外に出す役割がありますが、うまく排水できていないことがあります。
ドレンホースの内部にゴミが溜まっていたり、管がたるんでいることで排出される水が逆流し、室内で水漏れが起きている恐れがあるため、対処しなければなりません。
ゴミは細長い棒を使って掻き出したり、たるみは真っ直ぐになるように直すと改善されます。
また、ドレパンという部分が汚れている可能性も考えられます。
内部で発生した水を一時的に溜めて排出しますが、汚れていると排水できません。
ドレパンは分解掃除が必要になるため、プロにお願いすることをお勧めします。

《 滴る水滴と風と一緒に飛んでくる水 》

《
 滴る水滴と風と一緒に飛んでくる水 》


排水がうまくいっている場合は、室内機に原因があるかもしれません。
素人では原因を確認することができないため、業者に相談するのも一つの方法です。
エアコンの風が出てくるところからの水漏れはルーバーを確認してみてください。
ルーバーは風の向きを変える板のことで、室内の温度と風の温度の差が生じて結露ができ、水滴が落ちてきているかもしれません。
この場合はルーバーを上向きにすると垂れてこなくなるでしょう。
空気と一緒に水が飛んでくる場合は、フィルターやフィンを確認する必要があります。
これらのパーツが汚れているとエアコンの効きも悪くなるため、お掃除をして綺麗にしてください。
フィルターは定期的に汚れを確認してお掃除することが大切ですが、フィンはエアコン本体の中に取り付けられているため、下手に触ると故障の原因となります。
無理に直そうとせず業者に依頼することも考えてみてはいかがでしょうか。
このように、症状によってチェックするポイントや対処方法が異なります。
自力で改善することができないケースもあるため、症状を把握した上で業者に依頼するかどうか決めてみてください。