エアコンが水漏れする原因とは

トップページ > 水のトラブルについて > エアコンが水漏れする原因とは

エアコンが水漏れする原因とは

《 水が垂れてきた場合は 》

《 水が垂れてきた場合は 》


通常、エアコンからは温風や冷風が出てきますが、水が垂れてきたということもあるのではないでしょうか。
水漏れが起きる原因はいくつかあります。
一つはドレンホースのトラブルです。
エアコンの中で発生した水を外に出すための管で、欠かせないパーツですが、管の内側にホコリが入り込んできたり、ゴミが入ると中で詰まって排水がうまくいかなくなります。
そうなると外に出すはずの水が逆流して本体から水漏れが起きてしまうのです。
ポタポタと滴ってくるのではなく、大量の水が出てきた場合はドレンホースを疑ってください。
対処するには管の内部を掃除することです。
管の口が水に浸かっていれば、動かして溜まっている水を出しましょう。
枯れ葉やゴミ、虫の死骸が詰まっている場合は、細長い棒のようなものを使用してかき出すと解決するはずです。
他にも、ホースがたるんでいたり、劣化していることが原因で排水を妨げている恐れがあります。
これらは自力で対処することが難しいため、業者に依頼することをお勧めします。

《 素人では解決できないこともある 》

《
 素人では解決できないこともある 》


二つ目の原因は本体の内部です。
フィンが結露していたり、ドレパンという部分が汚れていたりする可能性が考えられます。
フィンはフィルターの奥に取り付けられており、温度を変える働きをしますが、温度が下がりすぎると大量の結露が発生して排水が間に合わず、水滴が滴ってくることがあるのです。
この場合は、結露を拭いて、しっかり排水できるようにしてください。
また、フィンとフィルターもお掃除しておくことも大切です。
結露が集められる部分はドレパンといいます。
一度、水が溜まりますが、ドレパンが汚れていると排水がうまくいきません。
お掃除をする必要がありますが素人では困難であるため、業者へ依頼すると安心です。
ホースやフィン、ドレパンなどに異常がないのにもかかわらず水漏れが起きる場合は、部品が故障しているかもしれません。
部品の故障も自力では解決することができないため、エアコンの専門業者に依頼してください。
他にも原因がある可能性があります。
いつまでも放置することはできないため、早めに相談し対処してもらいましょう。