トイレつまりを引き起こす行動とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりを引き起こす行動とは

トイレつまりを引き起こす行動とは

《 間違った使い方 》

《 間違った使い方 》


トイレは日常生活に欠かせない設備です。
当たり前のように使っていますが、使い方が悪いと、つまりを引き起こします。
つまり具合がひどいと、トイレから汚水が溢れ出してきたり、修理作業が必要になったりするため大変です。
床が浸水して張り替えることになると、費用も高額になります。
大変な事態にならないように、日頃から使い方には気をつけてください。
しかし、気がつかないうちにトラブルを引き起こす行動をしている人もいます。
繰り返し問題が起きている家庭は、正しいと思っていた使い方が間違っている恐れがあるため、トラブルを引き起こす間違った行動について知っておきましょう。
一つは、大量にトイレットペーパーを排水することです。
普段から使用量が多い人もいるのではないでしょうか。
便器に流せるように作られている製品ですが、一度にたくさん流すと溶けにくく、大きな塊となって排水管で引っかかります。
使いすぎないように心がけると節約にもなるため、行動を改めてみてください。

《 処理してはいけないものもある 》

《
 処理してはいけないものもある 》


ペットの糞を便器に流して処理する行為も間違っています。
人間の排泄物とは異なり、ペットの糞は溶けにくく、排水管の流れもスムーズではありません。
特に猫は毛繕いで取れた毛が紛れ込んでいることも多く、つまりやすい性質を持っているのです。
毛だけでなく、石や砂、草も含まれているケースがあります。
便器に流した方が処理は楽ですが、トラブルを引き起こさないためにも別の方法で捨ててください。
他にも、節水のためにタンクの中にペットボトルを入れて排水量を制限する行為も危険です。
適切な量が流れるように設計されていますが、過度に制限をかけると勢いが足りず、排泄物やペーパー類が下水にたどり着く前に途中で滞ってしまいます。
節水ができてもトラブルが起きて修理をすると無駄な費用がかかります。
余計な出費を回避するためにも、タンクには入れないほうが安心です。
大便をした時に「小」で流すのも同様です。
このように様々な行動があります。
トイレつまりを引き起こすような行為をしていないか、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。