割り箸でトイレのつまりを解消する方法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 割り箸でトイレのつまりを解消する方法とは

割り箸でトイレのつまりを解消する方法とは

《 意外なもので代用できる 》

《 意外なもので代用できる 》


自力でトイレつまりを直す際に、特別な道具がなくても家にあるもので代用することができます。
便器の水が溢れ出しそうな状況を見ると、どうすればいいのかわからず誰でも慌ててしまうものです。
冷静に対処することが大切であるため、代用できるものとその使い方を知っておきましょう。
代用できるものの一つは、割り箸です。
新品ではなくても問題ありません。
割り箸を使ってトイレつまりを解消するには、まず、トイレの水位が高い場合には作業がしやすいようにペットボトルやバケツ、給油ポンプなどを使って減らしておいてください。
極限まで減らしたら、割り箸を排水口の中に入れて原因を探っていきます。
この時、激しく動かすと奥へ押し込んでしまう恐れがあるため、慎重に探っていくことがポイントです。
トイレットペーパーや排泄物、流せるお掃除シートなどを大量に流してしまい、大きな塊となって引っかかっている場合は、割り箸で突っついて小さくほぐしていきましょう。
なかなかほぐれない時は、ぬるま湯を注いで1時間ほど放置した上で突っつくと効果的です。
ある程度ほぐれたら、バケツを使って水を少しずつゆっくりと流していきます。
スムーズに排水されていれば解消された証拠です。
いきなり排水レバーを使って水を流すと汚水が逆流してくる恐れがあるため、必ずバケツなどから少量ずつ注ぐようにしてください。

《 溶けないものは掻き出す 》

《
 溶けないものは掻き出す 》


水に溶けない固形物が原因の場合は、割り箸で掻き出しましょう。
奥へ押し込まないように、丁寧に掻き出していきます。
スマホなど大きなものや、おむつや生理用品など紙類は、つまむようにして取り出すことができるはずです。
万が一、奥へ進んでしまった時には自力で対処することは困難であるため、業者に修理を依頼してください。
すでに手が届かない場所まで流れている場合も同様です。
下手に作業をすると取り出しにくい位置に進んでしまい、便器の着脱作業が必要になります。
大掛かりな修理になるほど費用も高額になるため、割り箸でつまりを対処できるかどうか適切に判断することが大切です。