トイレつまりで正しいすっぽんの使い方とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで正しいすっぽんの使い方とは

トイレつまりで正しいすっぽんの使い方とは

《 購入する前に確認すべきこと 》

《 購入する前に確認すべきこと 》


トイレのつまりを直す道具は、ホームセンターやドラッグストアなどでも販売されています。
定番の道具といえば、すっぽんではないでしょうか。
昔からあるトイレつまりを直す道具であるため、見たことがある人も多いはずです。
しかし、実際に使ったことがないという人も少なくありません。
いざ使おうとした時に使い方がわからなかったり、うまくトイレつまりを直せないことも多いため、正しい使い方を知っておくことが大切です。
まず、正しい使い方を知る前に、正しいすっぽんの選び方を確認しておきましょう。
すっぽんには和式用と洋式用があり、和式用はカップ部分に出っ張りがありません。
洋式用は先端に出っ張りがあるため、自宅の便器を確認した上で適切なものを選ぶ必要があります。
また、カップ部分のサイズも異なる場合があるため、ある程度、排水口の大きさを把握しておきましょう。

《 すっぽんにはコツがある 》

《
 すっぽんにはコツがある 》


正しいスッポンの使い方は、便器内にカップ部分が浸るほどの水が溜まっているかチェックします。
足りないようであればバケツで足しましょう。
逆に多すぎると作業中に汚水が飛び散るため、減らしておく必要があります。
水量を調整したら、排水口にしっかりと密着させて、ゆっくり押し込んでください。
この時、少しでも隙間があるとカップ内が真空にならないため、注意しなければなりません。
隙間がない状態で限界まで押し込んだら角度を変えずに思いっきり引っ張りあげます。
使い方はシンプルですが、このようなコツを知らなければ、うまく解消させることができません。
よくカップで押し込めばいいと勘違いしている人がいますが、空気圧を利用して引っ張って押し流すのが正解です。
一度では効果がない場合もあるため、何度かチャレンジしみてください。
また、お湯を注いで原因をほぐした状態で使用すると、より効果的です。
このように、正しく使えば解消させることができますが、水に溶けるものが原因のときにしか使えない方法であるため、溶けないものが引っかかっている場合は業者に修理を依頼してください。