原因不明のトイレつまりを解消するには

トップページ > 水のトラブルについて > 原因不明のトイレつまりを解消するには

原因不明のトイレつまりを解消するには

《 なぜ詰まったのかわからない場合は 》

《 なぜ詰まったのかわからない場合は 》


なぜトイレが流れなくなったのか、わからない場合もあるでしょう。
これは、便器のどこかでつまりが起きている可能性が高いです。
原因不明でも解消する方法を知り、自身でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
解消する手順は大きく分けると2つです。
1つはトイレつまりが起きている場所を確認すること、もう1つはその原因の除去です。
まず、原因不明のつまりがどこで起きているのかを探っていく作業から始めます。
主に排水管と便器の中にあることが多いため、それぞれをチェックしていきます。
中は覗けませんが、トイレから一番近い点検桝を開けて見てみるとわかるでしょう。
そこに汚水が溜まっていなければ便器でトラブルが起きていると判断することができます。
逆に溜まっていない場合は、その先にある排水管で異常が起きている証拠です。
点検桝の場所が探せなかったり、自力では開けられない時は業者に事情を説明して調べてもらいましょう。

《 除去する方法 》

《
 除去する方法 》


場所を特定することができたら除去していきます。
便器の場合は空気圧で押し流せるケースがあるため、スッポンや真空式パイプクリーナーなどの道具を使用してみてください。
しかし、水に溶けないものの恐れがある時には使ってはいけません。
基本的に溶けないものは物理的に取り除かなければ解消しないからです。
無理やり押し込むと状況がひどくなります。
流せるシートや排泄物などは押し流しましょう。
お湯を注ぎ溶かした状態で使用すると、より効果的です。
排水管が問題の時には、点検桝からワイヤーを入れて汚れを除去していきます。
これは、素人には困難なため、プロに依頼した方がいいでしょう。
誤ってワイヤーを点検桝に落とすと、余計に状況が悪くなる恐れがあります。
また、マンション、アパートなどの集合住宅の場合も勝手に桝を開けることができないため、注意してください。
このように作業していきますが、調べても原因不明のまま手が付けられないことも少なくありません。
その場合は無理に直そうとせずにプロにお願いしましょう。