トイレつまりで逆流してきたときの対処法とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで逆流してきたときの対処法とは

トイレつまりで逆流してきたときの対処法とは

《 水を流してはいけない 》

《 水を流してはいけない 》


トイレを使用した後に水が逆流し、困っている人もいるのではないでしょうか。
逆流する症状の原因は、つまりが起きている可能性が考えられます。
逆流してきても便器内に収まればいいですが、溢れ出してくると床が汚れたり、廊下まで広がったりすると大変です。
すでに溢れ出してきている状態は、重症化している証拠であるため業者を呼んで対処してもらわなければ解決しません。
床材の張り替えが必要なほど、ひどい状況だと修理費も高額になります。
そうならないためにも、つまり具合が悪化する前に対処することが大切です。
排水した時に便器内の水位が高くなる場合は、つまりが起きている可能性が高いため、使用するのをやめてください。
何度も排水をすると押し流せるイメージがありますが、基本的には取り除いたり、水で溶化するものは溶かしたりしなければ解消はしないのです。
いくら水で流してもトイレの設計上、排水の勢いには限度があるため、無理に押し流さないように注意しましょう。
適切な対処法を知っておくと、慌てずに修理することができます。

《 場所によって直し方が異なる 》

《
 場所によって直し方が異なる 》


はじめに行うことは、つまりが起きている原因を探ることです。
便器の奥や排水口の入り口、排水管の中など様々な場所でトラブルが発生するため、特定した上で、それぞれに適切な対処法で直していくことになります。
便器の奥に何かが引っかかっている時は、スッポンを使うと効果的です。
しかし、溶けないものを落としてしまったと心当たりがある時はスッポンを使ってはいけません。
ワイヤー式の道具を使って引っ掛けながら取り出します。
排水口の入り口に原因がある場合も同様です。
手が届きそうであればゴム手袋を着用して突っ込み、引っ張り出しましょう。
抵抗がある場合は道具を使って引っ掛けて取り出しますが、トイレットペーパーなど溶けるものであれば放置することで自然に溶けてなくなるため、簡単に対処できます。
排水管の中で引っかかっていると、溶けるものが原因ではない限り自力で直すのは困難です。
悪化する前に業者に連絡をしてください。
このように、逆流してくる際は重症化しやすいため早い段階でプロに解決してもらうのがお勧めです。