トイレつまりで便器の交換にかかる費用とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで便器の交換にかかる費用とは

トイレつまりで便器の交換にかかる費用とは

《 どれくらいお金がかかる? 》

《 どれくらいお金がかかる? 》


トイレつまりが重症化した場合や、修理時に誤った方法で作業したことによって破損した場合には便器を交換しなければなりません。
つまりなどのトラブルが起きていなくても、古いトイレはお掃除しても取り除けない汚れが蓄積してつまりやすい状態であるため、新しくすることをお勧めします。
便器を交換することで綺麗になり、使いやすくなるといったメリットがありますが、費用が気になるでしょう。
正確な料金は業者に見積もりをお願いしなければわからないものですが、相場を知っておくと安心です。
目安は13万円から28万円ほどだとされています。
基本的には便器を取り替える工事費、本体代、部品代、廃材や古いトイレを処理する費用が含まれており、タイプによって値段が変動します。
便器とタンクセットを新しくする場合は13万円から20万円ほどでしょう。
しかし、ウォシュレットも取り替えるとなると17万円以上はします。
また、必要な部品や作業環境によっても異なるケースがあり、相場よりも高額になる可能性がゼロではありません。

《 リフォームは高額になる 》

《
 リフォームは高額になる 》


単純に本体の交換だけでなく、全体的にリフォームしたい場合は高額になります。
例えば、床材を変えたり、壁紙の張り替えや手すりの追加をしたり、手洗い場の設置などです。
手洗い場の設置だけでも10万円から20万円ほどかかり、床材も1帖あたり数万円かかります。
さらに、素材によっても価格が違ってきます。
クッションフロアは比較的安いですが、タイルなどは1帖でも5万円ほどかかる場合があるのです。
フローリングであれば3万円ほどで済むでしょう。
このように、リフォームする際は、空間の広さと素材によって料金が変わってきます。
高額になる傾向にあるため、出来るだけお金をかけたくない場合は本体のみ交換するといいでしょう。
また、築年数が古いと本体を新しくしても排水管が劣化しており、つまりやすい状態になっていることが少なくありません。
排水管の内側が汚れていたり、変形や陥没したりしている恐れがあるため、一度調査をお願いしてパイプ関連の工事が必要かどうかも調べてもらってみてはいかがでしょうか。