トイレつまりを自分で解消できる道具とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりを自分で解消できる道具とは

トイレつまりを自分で解消できる道具とは

《 定番の道具といえば 》

《 定番の道具といえば 》


トイレつまりは業者に依頼しなくても、自分で直すことができる場合があります。
道具があれば解消しやすいため、ホームセンターなどで購入しておきましょう。
トイレつまりを直すことができる定番の道具はスッポンです。
ラバーカップとも言いますが、これを使うと詰まっているモノを押し流すことができます。
自宅の便器の排水口にぴったりなサイズ、形状のスッポンを購入して作業してみてください。
初めて使用する場合は、使い方のコツがわからず失敗してしまうことがあります。
スッポンの使い方はカップ部分が浸る程度に水位を調整して、排水口にしっかりと密着させて真空状態を作り、角度を変えないまま一気に引き上げると成功するはずです。
水位が高い場合は汚水が溢れ出してくる危険性があるため、バケツやペットボトルなどで減らしておいてください。
何度かチャレンジすると解消されるでしょう。

《 自宅にあるモノで代用しよう 》

《
 自宅にあるモノで代用しよう 》


近くにホームセンターやドラッグストアがない場合は、自宅にあるモノで代用することができます。
例えば、サランラップです。
トイレの便座を上げて蓋をするようにサランラップで覆っていきます。
破けないように2、3枚重ねるのがポイントです。
隙間ができないように覆ったら一度、レバーやボタンで排水をしてください。
そうすると覆ったサランラップの中央が膨らんでくるため、手のひらで押し込みます。
そうするとスッポンを使った時と同様の効果を得ることができ、つまりを解消することができるのです。
爪を立てたり、思いっきり押し込んだりするとサランラップまで排水口に吸い込まれて症状が悪化するため、慎重に作業をしてください。
このように、市販の道具を活用したり、自宅にあるものでも代用して修理することができます。
しかし、これらは水に溶けるモノが原因の時にしか行ってはいけません。
なぜなら、溶けない異物は取り除かなければ解決しないからです。
無理に押し流そうとすると症状が悪化し、完全に詰まって便器から汚水が溢れ出してきます。
被害が拡大するため、溶けない異物の時は水道工事業者に修理を依頼してください。
何が原因かわからない場合は下手に手を出さずに初めから依頼することが大切です。
判断を間違えないように注意しましょう。