水道メーターでトイレつまりを判断する方法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 水道メーターでトイレつまりを判断する方法とは

水道メーターでトイレつまりを判断する方法とは

《 動いていれば注意しよう 》

《 動いていれば注意しよう 》


トイレつまりが起きると水道メーターに影響を与える場合があります。
普段、水道メーターをわざわざ確認しに行くことはありませんが、つまりなどが起きた時は見てみてください。
水を使用していない状態でも水道メーターに反応があれば何かが起きている証拠です。
つまりが起きたことで漏水が発生したり、トイレタンク内に取り付けられているパーツが故障して、少量の水が滴っている可能性が考えられます。
少量でも、長期間放置すると無駄な料金がかかり続けることになります。
積み重ねると高額なお金を支払うことになるため、業者に対処してもらいましょう。
また、軽度のつまりであれば自分でも直せます。
水に溶けるモノが排水管の途中で引っかかり、水の流れをふさいでしまっている場合などです。
水に溶化するものはスッポンを使って押し流したり、お湯を注いでしばらく放置したりすると、溶けて改善されていることも少なくありません。
タンク内のトラブルであれば、部品を扱っている店舗で必要なパーツを購入して交換することで正しい位置に戻してあげると解決するでしょう。

《 水を止めよう 》

《
 水を止めよう 》


素人では直せない水回りトラブルは、プロにお願いすることになりますが、業者が来るまでに漏水を止めたいと思うでしょう。
その場合は、メーターについているハンドルを時計回りに回してください。
元栓であるため、それを閉めると止まります。
レバータイプであれば、レバーが動く方向に切り替えてください。
そうすることで水が止まりますが、家中の水回り設備が止まるため注意しましょう。
業者が到着するまで水は使えない状態になりますが、無駄な料金を支払わずに済みます。
また、針が反応していても、どこで問題が発生しているかわからないこともあるはずです。
トイレ以外の場所から漏水している可能性も考えられるため、トラブルが起きている場所が特定できなければ、業者に調査してもらうのも一つの方法です。
放置したり、無理やり直そうとすることが最もしてはいけないことであるため、被害が拡大する前に依頼してください。
早めの行動を心がけましょう。