トイレのつまりの対処法

トップページ > 水のトラブルについて > トイレのつまりの対処法

トイレのつまりの対処法

適切な直し方は原因によって異なる

適切な直し方は原因によって異なる


トイレのつまりには、いくつかの対処法があります。
どの方法を用いるかは、つまりの原因によって異なるため、まずは何が原因かを特定しなければなりません。
よく発生するのはトイレットペーパーや排泄物詰まりです。
本来、トイレットペーパーは便器に流してもいいものですが、一度に大量に流すと排水管で滞ってしまいます。
これらが問題になっている時は、比較的軽度です。
素人でも直すことができます。
最も簡単な対処法は、お湯を注ぐことです。
ぬるま湯に調整したお湯を排水口に注いで1時間ほど放っておきましょう。
そうすることで自然と溶けて解消されていきます。
少し状況が悪くなっている時は、重曹、クエン酸、お湯の順番で注いで放置し、仕上げにスッポンで押し流すのが効果的です。
便器内の水位が上がっていればバケツなどを使って減らしておいてください。
あまりにも量が多いと効果が損なわれてしまうからです。
この方法を試みても直らなければ重症化していることや、溶けない異物が引っかかっている可能性が考えられます。

取り出さなければ解決しない時

取り出さなければ解決しない時


溶けない異物が原因の時は、除去しなければつまりが解消されません。
単純にトイレに異物を落としただけであれば、すぐに手で取り出せるでしょう。
汚れているかもしれませんが、排水して綺麗にした状態で取り出そうとしてはいけません。
一度でも水を流すと排水口に吸い込まれていくからです。
奥へ行くほど除去作業が難しくなり、修理も大規模になります。
便器の着脱作業や高圧洗浄機での修理が必要になると費用も高額です。
そのようなことにならないように、水を流さない状態で取り出してください。
ゴム手袋を着用すると手が汚れる心配がありません。
少し排水口に入りかけている場合は慎重に取り出すことが大切です。
手を滑らしたり、奥へ押し込こんだりしてしまうと、簡単に中で入り込んでいきます。
便器内の水位が高い時は、手を入れるだけで汚水が溢れ出してくることも考えられるため、あらかじめ水位を減らした状態で作業をすることをお勧めします。
他にも対処法がありますが、自分で直せるかどうか心配な時は初めから業者に連絡すると安心です。