トイレのつまりで水位が下がるのは危険のサイン!

トップページ > 水のトラブルについて > トイレのつまりで水位が下がるのは危険のサイン!

トイレのつまりで水位が下がるのは危険のサイン!

封水切れが起こる理由とは

封水切れが起こる理由とは


トイレがつまりを引き起こすと水が全く流れていかず、溢れ出してくる場合がありますが、逆に水位が下がるのも危険です。
通常、便器の中に溜まっている水は封水と言って、下水から虫や臭いが上がってこないように蓋をしています。
しかし、何かしらの原因で封水切れが起きると、ゴキブリなどの害虫やひどい悪臭が這い上がり、つまり以外の問題に発展する可能性があるのです。
問題が発生したことで使えなくなることもありますが、日常生活で欠かせないため、使えなくなると支障をきたします。
そうならないように水位が下がる原因を知り、対策をしましょう。
一つは、すでにつまりが起きていることです。
排水口の奥で排泄物やペーパーなどが滞っているかもしれません。
排水が不十分だと排水管内にペーパー類や便が付着して一時的に毛細管現象が起きます。
この現象が起きると排水レバーやボタンを押してなくても排水管のほうに引き寄せられ、便器内の水がなくなってしまうのです。
また、溶けない異物を流したことによって水の通り道が塞がっているのも場合がありますが、これは取り除かなければ解決しません。

パイプやタンクの異常

パイプやタンクの異常


排水管に問題が生じると水位が下がることがあります。
新築で生じる場合は設置ミスの可能性が高いですが、経年劣化によってパイプの構造が変わり、変形したり陥没したりしているかもしれません。
このようなケースでは、パイプそのものを改善しなければなりませんが、素人では修理できないため、業者に工事をお願いしましょう。
他にもタンク内にトラブルが発生していることも原因の一つです。
タンクの中の水が少なくなっていれば水を足すだけで改善されますが、パーツに異常がある場合は調整する必要があります。
部品を交換したり、掃除をしたりすると改善されるでしょう。
単純に位置がずれていることもあります。
他にも封水が蒸発しただけの可能性も考えられます。
旅行などで長期間自宅を空けていて、トイレを使わないでいると自然と蒸発してしまうのです。
そのときには、再び水を流せば復活します。
どの状態も自分では解決が不可能と判断したら、すぐに業者に連絡をしてください。