洗剤を使ってトイレつまりを直そう

トップページ > 水のトラブルについて > 洗剤を使ってトイレつまりを直そう

洗剤を使ってトイレつまりを直そう

家庭にもあるモノで直す

家庭にもあるモノで直す


トイレトラブルには様々な種類がありますが、つまりが起きることも少なくありません。
スッポンやワイヤーブラシなどの道具を使って直すことも可能ですが、持っていない人もいるのではないでしょうか。
その場合は、自宅にあるものを活用してみてください。
例えば、洗剤です。
どの家庭にも一つはあるでしょう。
食器用洗剤で問題ありません。
これにはタンパク質を溶かしてくれる作用があるため、トイレに流すだけでつまりの原因となっているものを素早く溶かして解消させることができるのです。
手順もシンプルです。
まずは、100mlほどの量を排水口に向けて注ぎ、さらにお湯を入れて2、30分程度放置します。
お湯は熱湯ではなく、ぬるま湯を使ってください。
40度から60度程度が適切です。
水位が下がっていれば再びお湯を注ぎます。
そのときに排水口に流れていけば解消された可能性が高いため、仕上げにレバーやボタンを使って排水してください。
行うことはこれだけであるため、素人でもチャレンジしやすいです。

意味がないモノもある

意味がないモノもある


洗剤を使った方法は全てのケースに使えるわけではありません。
つまりの原因となっているものによっては効果が全くないどころか、悪化する恐れがあります。
例えば、水に溶けることがない固形物です。
これは物理的に取り除かなければ解決しません。
排水した時に奥へ進んで取りにくくなり、症状が悪化する可能性があるため、注意してください。
逆に効果があるのは溶けるペーパー類や排泄物です。
トイレットペーパーや流せるお掃除シート、便はタンパク質を溶かす作用によって解消される可能性があります。
また、吐瀉物にも効果があるかもしれません。
排泄物と異なり、嘔吐したものは油脂が多く含まれており排水管にベトベトとまとわりつきます。
そこで油汚れに強い食器用洗剤を使うと流れていくことがあります。
しかし、必ず流れていくとは限らないため、嘔吐物が原因の時は業者に依頼した方が安心です。
また、原因がわからない時も下手に修理してはいけません。
悪化する前に業者に対処してもらいましょう。