トイレの排水管のつまりには

トップページ > 水のトラブルについて > トイレの排水管のつまりには

トイレの排水管のつまりには

《 原因は二種類 》

《 タンク内に重りを入れてはいけない 》


トイレがつまる原因は主に二種類あります。
一つは偶然に起こりうる事故によるつまり、もう一つは経年劣化の配水管の故障によるつまりです。
偶然に起こりうる事故によるつまりは、トイレットペーパーの過剰な使用や、身につけているものを便器の中に落としてしまったなどが挙げられます。
このようなことが原因のつまりは、新築の便器でも起こる可能性のある事でしょう。
主には便器の出口付近でつまります。
また、経年劣化の配水管の故障によるつまりは、実はつまりが起こる前に何らかのサインがあります。
例えば、トイレタンク内の水量が少ないというものです。
また、便器の清掃不足により水の出る穴などが塞がることで、便器内に流れ出る水の総量が減少するということです。
これらの原因のうち、多いのは偶然に起こりうる事故によるつまりになります。
事前に防ぐには、大量のトイレットペーパーを流さないといったことや、もし排泄物の量が多い場合はトイレットペーパーを流す前に一回流すといった工夫が必要です。
またトイレにモノを落としてしまった場合、見える範囲にあるようでしたら必ず拾うといったこともトイレのつまりを防ぐのに大切な要素です。

《 つまりの解消は自力の対処か専門家に頼む 》

《
 レバーやボタンの使い分け 》


もし、上記のような兆候などを見逃してしまい、トイレがつまってしまった場合には、つまりの状況を確認してください。
闇雲にラバーカップを使うなどをしても排泄物やトイレットペーパーのつまりでない場合、悪化させてしまうかもしれません。
最悪の場合思わぬところから漏水するかもしれません。
排泄物やトイレットペーパーのつまりでない場合、尿パットや生理用品の可能性があります。
そのような場合は便器に溜まった汚水と汚物をすべて出し、鏡などを使い奥につまっているものを見て引き出せそうなら引き出します。
上記のような方法で、つまっているものを自分で取り除くことはできますが、更に悪化させてしまうリスクが伴います。
自力での解決を試みるより専門家に頼むことで、確実な解決と再発の防止につながります。