トイレつまりの初期症状とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりの初期症状とは

トイレつまりの初期症状とは

《 代表的な症状 》

《 タンク内に重りを入れてはいけない 》


トイレつまりは、突然起きたように思えますが、初期症状がある場合もあります。
初期症状を知っておくことで、事前に対処することもできるでしょう。
初期症状は、大まかに三つあり、便器に水があふれる、タンク中から水が全く出ない、ボコボコと音がする、という症状があります。
トイレのつまりの症状で多いのが、レバーを引いて水を流す際に水位が上がり便器に水があふれるというものです。
つまりがひどい時には、汚水も溢れてしまう危険があります。
原因としては便やトイレットペーパー、その他異物がトイレの配水管につまってしまうことが挙げられます。
また、タンク中から水が出ないというのも多い初期症状の一つです。
原因はタンクの中の水を溜めたり流したりする装置がうまく作動してないことです。
最後にボコボコと音がするという症状です。
これは配水管の先がつまっている可能性があります。
通常トイレは水と一緒に空気も流されるため、音は出ません。
しかし、排水管がつまっていると水の流れが遅くなり、空気だけが戻ってくるのでボコボコと音が出ます。
たまに大雨や台風などの影響で排水溝内の空気圧がかわり、ボコボコ音が出るときもありますが、基本的に音は出ません。
トイレつまりもなく、音がするときには構造上の問題もかんがえられるため、専門業者に相談しましょう。

《 トイレつまりがおきる原因 》

《
 レバーやボタンの使い分け 》


トイレに携帯電話、時計、鍵、サングラスなどを落としてしまい、結果的につまらせてしまうというものです。
自分で拾える場合なら、用を足した後のトイレに手を入れるのは抵抗があるかもしれませんが、ゴム手袋などをしてご自身拾い出しましょう。
しかし、拾えないところまで流れてしまった場合には、専門業者に取り出してもらう必要があります。
また、もう一つ考えられるつまり初期症状は、大量のトイレットペーパーを流そうとして何度もレバーをひねってしまうことです。
元栓を締め、ラバーカップを使用し収める方法はありますが、応急措置に過ぎません。
その後つまりが続くようであれば、奥でつまっている可能性が高いため、使い続けると状況が悪化してしまいます。
トイレつまりの初期症状が見られたときには、使い方に気を付けて早めに業者に相談するようにしましょう。