節水がトイレつまりの原因になる理由とは

トップページ > 水のトラブルについて > 節水がトイレつまりの原因になる理由とは

節水がトイレつまりの原因になる理由とは

《 タンク内に重りを入れてはいけない 》

《 タンク内に重りを入れてはいけない 》


家庭内で節水対策をしている人も多いのではないでしょうか。
必要以上に水を使わないようにすることはとても大切です。
しかし、それが原因でトイレつまりを引き起こすこともあるため、間違った節水対策を行わないようにしてください。
間違ったトイレの節水対策とは、タンク内に水が入ったペットボトルを入れることです。
タンク内に重りを入れて水を調整する家庭も多いですが、便器は適切な量が排水されるように設計されており、さらに水量を調節すると排泄物やトイレットペーパーが流れていかなくなります。
排水管の途中で滞った状態が続くと、次に使用した時にどんどん蓄積されて完全に水が流れなくなってしまうのです。
トイレットペーパーや排泄物は水に溶けやすいため、時間と共に溶けることもありますが、完全に溶け切っていない状態で使用を続けるのは危険です。
ペットボトルを入れるのはやめて、別の方法で節水対策をしましょう。

《 レバーやボタンの使い分け 》

《
 レバーやボタンの使い分け 》


タンク内に重りを入れて調節する以外の間違った節水対策では、常に「小」で排水する方法が挙げられます。
無駄に水を使わないようにするために、大便をしても「小」で排水している人もいるのではないでしょうか。
大便には「大」、小便には「小」を使うようにつくられているため、大便をしても「小」を使っていると、排水の勢いが足りなかったり、量が足りずに途中で滞ってしまったりする可能性があります。
重度のつまりが起きると、業者に修理を依頼しなければなりません。
重症化するほど大規模な修理が必要になり、その分、工事費も高額になるため、せっかく節水してコスト削減をしていたものが修理費に充てることになるでしょう。
つまりの原因を取り除くために便器の着脱が必要になると、数万円かかるケースも少なくありません。
余計な出費を防ぐためには、「大」と「小」をしっかり使い分け、タンク内に重りを入れないなど徹底することが大切です。
これまでつまりが起きたことがない家庭も、一度使い方を改めてみてはいかがでしょうか。
排水時に水位が一度上がる場合は、トラブルの前兆であるため早い段階で業者に修理を依頼してください。