トイレつまりで使っても良い薬品とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで使っても良い薬品とは

トイレつまりで使っても良い薬品とは

《 スッポン以外に使えるもの 》

《 スッポン以外に使えるもの 》


トイレつまりを直す道具といえば、スッポンをイメージする人が多いのではないでしょうか。
しかし、薬剤を使って直す方法もあります。
スッポンを使い慣れていない人は、作業に手間取ったり、効果がイマイチだったりするというケースがありますが、薬剤を使った方法は排水口に注ぐだけであるため、誰でもチャレンジしやすいです。
ホームセンターやドラッグストアでも販売しているため、万が一の時に備えて常備しておきましょう。
薬剤にも様々な種類がありますが、つまりに効果的な種類を把握しておくと購入時に迷いません。
尿石が原因であれば、酸性の薬品を選んでください。
尿石はアルカリ性であるため酸性が効果的です。
尿石専用と書かれている商品もあるため、わかりやすいはずです。
液体の食器用洗剤でもつまりを解消することができます。
100ccほど使うため、もったいないと感じる人もいるかもしれませんが、家庭内にあるものであるためすぐに対処したい時に使うといいでしょう。
食器用洗剤を100ccほど便器に注ぎ、ぬるま湯を注いで20分ほど放置します。
そうすると、自然と解決していることがあるためチャレンジしてみてください。

《 お家にあるもので代用することも可能 》

《
 お家にあるもので代用することも可能 》


家庭にあるもので代用することも可能です。
例えば、重曹とクエン酸、お湯です。
クエン酸は調味料であるお酢で問題ありません。
これらは薬品ではありませんが、市販の薬品と同様の威力があるため、トイレットペーパーなどがつまりを起こした時にチャレンジしてみるといいでしょう。
作業時に注意することは、注ぐ順番とお湯の温度です。
重曹、クエン酸、お湯の順番で注ぎ、お湯は40度から60度を守ってください。
熱湯の方が溶かす威力が強いイメージがありますが、トイレ本体を傷めてしまう可能性があります。
ひび割れが起きると水漏れなどの被害に拡大する恐れがあるため、必ずぬるま湯に設定しなければなりません。
この方法は水に溶けるものが原因の時にしか効果がないため、溶けない異物などが原因の時は業者に水道工事をお願いしてください。
また、薬剤やスッポンを使っても解消しない場合は、すでに悪化している可能性があります。
悪化すると素人では対処できないため、業者に直してもらいましょう。