トイレつまりの1番多い原因とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりの1番多い原因とは

トイレつまりの1番多い原因とは

《 1番の理由は意外なもの 》

《 1番の理由は意外なもの 》


トイレつまりには様々な原因がありますが、1番多いのは意外な理由だったりもします。
知らずに行っていることもあるため、1番の原因になっているものを知り、日頃から気をつけてみてはいかがでしょうか。
その1番な原因とは、トイレットペーパーの流しすぎです。
トイレットペーパーは便器に流しても問題がないように作られていますが、流しすぎると排水管の中で大きな塊となり、つまりを引き起こしてしまうのです。
日頃から使用量が多いと自覚している人もいるでしょう。
長年の癖は簡単に改善されませんが、使用量を気にしてみてください。
どうしても使用量が多くなってしまう時は、こまめに流すことが大切です。
また、排水する時は「大」を使うといいでしょう。
節水対策のために大便をしても「小」で排水している人もいるはずですが、大便は「大」、小便は「小」を使い分けることが重要です。
中にはタンクの中にペットボトルを入れて過度な節水対策をしている人もいますが、便器は十分な量の排水が行われるように設計されているため、ペットボトルを入れてはいけません。

《 お掃除シートも要注意 》

《
 お掃除シートも要注意 》


つまりの原因ではトイレットペーパー以外にもお掃除シートもトラブルを起こしやすいです。
これも水に溶けるように作られており、便器で処分して問題がない商品ですが、量が多いと溶けきらずに排水管の中で滞り、排泄物やトイレットペーパーと絡み合って重度のつまりを引き起こします。
目に見えない場所でトラブルが起きると気が付きにくいですが、排水時に水位が高くなる場合は要注意です。
トラブルが起きる前兆であるため、しばらく使用するのをやめて溶け切るのを待ちましょう。
早く解消したい場合は、お湯を注ぐと効果的です。
バケツやペットボトルで便器内の水をすくい取り、空に近い状態にした上で40度から60度のお湯を注ぎます。
そして1時間ほど待つと自然と解消されていることも少なくありません。
お湯では効果がイマイチだという場合には、重曹、クエン酸、お湯の順番で排水口に注ぎ、1時間ほど待ってみましょう。
これでも解決しない場合は業者に水道工事を依頼してください。