トイレつまりの原因を特定する方法とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりの原因を特定する方法とは

トイレつまりの原因を特定する方法とは

《 水位の様子をチェック 》

《 水位の様子をチェック 》


トイレつまりが発生し、水が流れにくくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。
原因によって対処方法が異なるため、トイレのつまりを直すためには、原因の特定をする必要があります。
便器や排水管は透明ではないため、何がつまりを引き起こしているのか、どこに問題が起きているのか特定しにくいですが、探る方法があるのです。
一つは、便器内の水位です。
流した後に水位が高くなり、徐々に引いていく時は、トイレットペーパーの流しすぎ、流せるお掃除シート、大量の排泄物、尿石の蓄積が考えられます。
これらが排水管の奥で詰まってしまっても隙間ができていれば、徐々に水が流れて水位が低くなる状態です。
お湯を注いだり、スッポンを使って流したりすると解決するでしょう。

《 症状の種類で判断してみよう 》

《
 症状の種類で判断してみよう 》


ゴボゴボという音が聞こえる場合は、水位が徐々に引いていく症状よりも少し進行してしまっている状態です。
これも流せる系の製品や猫砂、ペーパー類や排泄物が考えられます。
流した覚えがないか、思い出して見てください。
猫砂溶けませんが、塩を少し加えて放置すると粘度のように固まった猫砂がほぐれて流れやすくなります。
流れやすくした状態でスッポンなどの道具を使って押し流しましょう。
完全に溢れ出している場合は、溶け残ったものに溶けない異物が絡み合っている可能性があります。
素人では対処できないほど重症化しているため、業者を呼んでください。
このように探る方法がありますが、症状をチェックすると必ずしも完璧に原因が特定できる訳ではありません。
業者に依頼しないとわからないこともあるため、注意してください。
探ることができても判断が難しい時や、何が詰まっているのか分かっても対処ができない時は業者を呼びましょう。
早い段階で業者に直してもらうと、被害が拡大せずに済むだけでなく、簡単な修理で済むため修理費も少額に抑えることができます。
水が流れにくい、水位が少し高いなどと異変に気がついたら、すぐにプロを呼んでみてはいかがでしょうか。
止水栓や電源プラグを抜いておくなど自分でできることをやった上で業者の修理を待つとスムーズです。