溢れ出すトイレつまりの対応とは

トップページ > 水のトラブルについて > 溢れ出すトイレつまりの対応とは

溢れ出すトイレつまりの対応とは

《 床に汚水が流れてきたら 》

《 床に汚水が流れてきたら 》


トイレのつまりは軽度であればすぐに直りますが、重症化すると便器から溢れ出すこともあります。
溢れ出すほど症状がひどくなると慌てる人がほとんどでしょう。
床が汚れてしまうだけでなく、浸水して張り替えが必要になるケースもあります。
臭いもひどく、他のお部屋にまで影響が広がります。
出来るだけ被害を拡大させないために、溢れ出すトイレつまりの対応について知っておくことが大切です。
正しい対応の一つは、何も触れないことです。
水を流して押し流そうとする人もいますが逆効果であるため、下手に触ってはいけません。
特に、自動洗浄タイプの便器は人に反応して自動的に水が流れてしまうため、便器のプラグを抜いたり、止水栓を閉めたりするなどの対応が求められます。
抜いたプラグは水に触れないようにゴミ袋などで覆って安全な場所に避難させてください。
止水栓の場所がわからなければ、元栓を閉めてしまうのも一つの方法です。
家の中の水回りが全てストップしてしまいますが、被害を拡大させないための対応として重要です。

《 素人では対処できないこともある 》

《
 素人では対処できないこともある 》


ある程度、自分で対応したら後は水道工事業者に修理をお願いしましょう。
流した水が溢れ出す原因は、便器の奥に固形物や排泄物が詰まっている、もしくは排水管などトイレそのものに異常がある場合の2つが挙げられます。
便器の奥に何かが詰まっている場合は、取り除く必要があり、素人では対処できないことが多いです。
水に溶けるものであれば時間と共に自然と解消されることも多いですが、溢れるほどの状況はつまりが重症化しており、素人では対処できないでしょう。
便器を取り外して原因を除去する作業が必要になるため、業者にお願いすることをお勧めします。
排水管やトイレ本体に異常がある場合も業者にトラブルが起きている場所を特定してもらい、修理してもらいましょう。
特に、古い便器は経年劣化によって排水の勢いが弱くなります。
通常であれば問題なく流れる汚物やペーパー類も排水が弱いのが原因で途中で滞ってしまうことが少なくありません。
他にもタンク内部に異常が発生しているケースも考えられます。
闇雲に探るよりも業者に調査してもらったほうが早く解決するでしょう。