放置してもトイレつまりが解消しなかった場合には

トップページ > 水のトラブルについて > 放置してもトイレつまりが解消しなかった場合には

放置してもトイレつまりが解消しなかった場合には

《 時間を置いても改善されないこともある 》

《 時間を置いても改善されないこともある 》


トイレのつまりは放置すると自然に解消されていると聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
原因によって正しい対処法が異なりますが、放置して直る原因もあります。
しかし、全ての場合に通用する訳ではありません。
1日、2日と時間を長くしても解決しないことも多く、トイレは毎日数回使用する設備であるため、何日間も置いて置くわけにはいかないでしょう。
放置しても改善されないつまりが発生した時の対処法について知り、早く解消できるように取り組んでみてください。
最初に知っておくべきことは、放置すると解消される原因が何かです。
一般的には水に溶けやすいものです。
例えば、トイレットペーパーや排泄物、流せるお掃除シートが挙げられます。
これらは水に溶けやすく作られているため、排水溝の奥で滞ってしまったときもしばらく放っておけば自然と溶けていきます。
溶けやすくするためにお湯を注いだり、薬剤を注ぎ入れてしばらく放置し、最後にスッポンで押し流したりするのも効果的です。
これ以外のものはいくら時間を置いても変化しないため、他の方法で対処することになります。

《 プロにお願いしよう 》

《
 被害が拡大する前に 》


水に溶けない固形物が詰まったときは、いくら時間を置いても改善されません。
改善されないどころか、症状が悪化して便器から汚水が逆流してくる恐れもあるのです。
基本的に固形物がつまりを引き起こしたら、取り除かなければ解決しません。
手が届く範囲であれば、ゴム手袋などを着用して便器の中に手を突っ込み、引っ張り出しましょう。
手が滑って奥へ進んでしまうことがないように、慎重に作業することが大切です。
また、手を便器の中に入れると溢れ出してきそうなほど水位が高い場合も注意してください。
バケツやペットボトルなどの容器を使って水位を減らしておくと床に汚水が広がっていく心配がありません。
手が届かないほど奥へ進んでいる場合は、無理に道具を使って引っ張り出そうとするのはやめましょう。
水道工事業者に修理してもらったほうが、確実に直ります。
余計なことをして症状が進行するとその分修理費も高くなるため、軽度のうちにプロにお願いすることが大切です。