すっぽんを使って悪化するトイレつまりとは

トップページ > 水のトラブルについて > すっぽんを使って悪化するトイレつまりとは

すっぽんを使って悪化するトイレつまりとは

《 どんな場合にでも使えるわけではない 》

《 どんな場合にでも使えるわけではない 》


すっぽんはトイレのつまりを直す定番アイテムですが、場合によっては悪化させる原因となるため注意が必要です。
すっぽんを使ったことで悪化するつまりは、水に溶けないものが原因だった時です。
トイレットペーパーや流しても問題がないお掃除グッズは溶けるように作られているため、時間が経てば自然と解消していることがあります。
また、道具を使って押し流して解消することも可能です。
しかし、溶けないものはいくら放置しても溶けることはないため、すっぽんを使うとさらに奥へ進んでいずれどこかで引っかかったままの状態が続きます。
下水に流してはいけないため、除去しなければなりません。
異物にトイレットペーパーや排泄物などが絡み合うと塊が大きくなって水が通る隙間がなくなり、最悪の場合は汚水が逆流してくる危険性もあります。
そのため、異物を流した時は取り除いてください。

《 被害が拡大する前に 》

《
 被害が拡大する前に 》


異物は基本的に流してはいけませんが、スマホやボールペン、子どものおもちゃなどを便器に落としてしまうことも少なくありません。
また、ティッシュやウェットティッシュはトイレットペーパーのように溶けるものだと勘違いしている人も多いです。
これらを落としてしまった時はすぐに取り除きましょう。
気がつかないこともありますが、流れが悪いと思った時は使用をやめて様子をみてください。
上がった水位が引いていかない場合は異物がつまりを引き起こしている可能性があるため、すっぽんも使ってはいけません。
溶けるものでも悪化していれば道具を使っても直すのは困難です。
判断しにくいケースもありますが、何度か自分でチャレンジして改善されなければ業者を呼ぶ必要があります。
無理に作業をし続けると便器の破損や、汚水が溢れ出してきて床が浸水する危険性も考えられます。
便器の交換、床の張り替えが必要になると修理費も高額になり余計な出費が増えるため注意してください。
また、原因がわからない場合は、自分で直そうとせずに業者に修理を依頼しましょう。
プロであるため、素人ではわからない原因も特定することができます。