トイレつまりで間違えた判断とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで間違えた判断とは

トイレつまりで間違えた判断とは

《 水を流すのは危険 》

《 水を流すのは危険 》


トイレつまりを直すポイントは的確に判断することです。
間違えた判断は症状を悪化させる危険性があるため、正しく状況を見極めて適切な方法で直す必要があります。
間違えた判断について知り、トイレつまりを直しましょう。
一つは、とにかく水を流すことです。
何度も流せば押し流れていくイメージがありますが、便器や排水管のどこかでつまりが起きている状態で水を流しても意味がないどころか、汚水が逆流してくる可能性があります。
そのため、レバーやボタンには触れないようにしましょう。
トラブルが起きていることに気がつかず、使用を続けてしまう場合もありますが、少しでも流れにくいと感じた時は使用をやめてください。
少し判断するタイミングが遅れるだけで重症化し、素人では対処できないほど悪化することもあるため、要注意です。

《 わからない時は下手に触らない 》

《
 わからない時は下手に触らない 》


原因がわからない状態で対処しようとするのも間違えた判断です。
水に溶けるものとそうでないものによって正しい直し方が異なります。
そのため、何がトイレつまりを起こしているのかわからずにスッポンや薬剤を使っても意味がありません。
特に、水に溶けないものが原因だった場合、スッポンを使ってしまうと異物がより奥へ進んで取り出しにくくなります。
異物は下水に流してはいけないため、業者を呼んで除去してもらう必要があります。
しかし、奥へ進むほど簡単に取り出すことができなくなるため、大掛かりな修理が必要になるケースも少なくありません。
便器を取り外したり、高圧洗浄機など専門機材を使った修理は高額です。
数万円で済まないほど修理費が高くなるため、無駄な出費を抑えるために原因がわからない時は下手に触ってはいけません。
溶けるものかどうかを見極める時は、放置をしてみてください。
しばらく時間を置き、便器内の水位が下がっていれば溶けるものの可能性が高く、逆に変化しない場合は溶けないものだと見極めることができます。
溶けるものでも重症化していれば水位が下がっていかず、水が溢れ出してくることもあるため要注意です。
被害が拡大する前に業者に連絡しましょう。