日用品を活用してトイレつまりを解決する方法とは

トップページ > 水のトラブルについて > 日用品を活用してトイレつまりを解決する方法とは

日用品を活用してトイレつまりを解決する方法とは

《 日用品で代用しよう 》

《 日用品で代用しよう 》


トイレつまりは日用品で解決することがあります。
スッポンなどの道具がない家庭もあるでしょう。
わざわざ買いに行かなくても日用品で代用できれば、手間が省けます。
トイレつまりの解消に代用できる日用品の一つは、ラップです。
キッチン用品であるラップを使って直す方法があります。
やり方も簡単であるため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
まずは、便座を上げて隙間ができないようにラップをしていきます。
密封しなければ効果がないため、ぴったりと覆うようにするのがポイントです。
また、何枚か重ねてラップしていきましょう。
次に中央部分をゆっくり手の平で押していきます。
そして、手を離してトイレの水を流してください。
そうすると膨らんでくるため、何度か押します。
この作業を繰り返すと圧力で詰まったものが押し流れていきます。
しかし、便器から水が溢れ出している場合や水に溶けない異物が原因の時は行ってはいけません。

《 ハンガーを使った方法とは 》

《
 ハンガーを使った方法とは 》


ハンガーでも代用できます。
ラップのように圧力を利用して直すのではなく、排水口に先端を入れてつまりを起こしているものをほぐしていく方法です。
ハンガーは針金タイプを使います。
そのままの形では排水口に入らないため、まっすぐに伸ばしてください。
先端は円形にしますが、排水口の大きさに合わせて円を作ります。
反対側の方は作業しやすいように少し曲げて持ち手部分を作るといいでしょう。
また、少し太めのハンガーを使うと作業中に曲がったり折れません。
しかし、力を入れすぎると便器を傷つけてしまう恐れがあるため、少しずつ上下左右に動かして崩していくのがポイントです。
これも水に溶けるものでなければ意味がないため注意してください。
基本的に水に溶けないものは業者にお願いするしかありません。
業者を呼んで異物を除去してもらいましょう。
単に便器に落としてしまっただけであれば手で取り除くことができますが、何度か水を流すと奥へ進み手の届かない場所まで流れていってしまいます。
その状態になると素人では対処できないため、業者にお願いすることが大切です。