賃貸物件のトイレつまりで排水管工事が必要な時には

トップページ > 水のトラブルについて > 賃貸物件のトイレつまりで排水管工事が必要な時には

賃貸物件のトイレつまりで排水管工事が必要な時には

勝手な判断は危険

勝手な判断は危険


賃貸物件で水まわりなどの設備にトラブルが起きた時は、対応の仕方に注意しなければなりません。
なぜなら、賃貸物件の入居者はあくまでも借りている立場であり、持ち主ではないからです。
自分が持ち主であれば、好きなように対応することができますが、お部屋を借りている場合は持ち主の許可なく勝手に行動してはいけません。
しかし、トイレつまりなど、解決にスピードが求められる場合もあるでしょう。
自力で直すことができるほどつまり具合が軽度であれば、慌てる必要はありませんが、トイレから汚水が溢れ出してくるような危険な状態は気をつけてください。
自己判断で業者を呼び、排水管工事を依頼すると修理費全額を借主が負担することになる恐れがあります。
賃貸物件の修理費は通常、家主が負担をしますが、これは管理会社や不動産会社に連絡をして、手配をしてもらった場合です。
管理会社や不動産会社と提携していない排水管工事業者に修理を依頼すると、借主の全額負担となったり、保険が適用されないことがあります。
トイレつまりは慌てやすいですが、まずは冷静になりましょう。

全額自腹になることもある

全額自腹になることもある


管理会社などに連絡をするなど適切な対応をとると、排水管工事の費用は家主が支払うことになりますが、場合によっては借主の自腹になることもあります。
例えば、トラブルの原因が借主の使い方だったときです。
便器に流してはいけないものを流した、自分で直そうとしたことがきっかけで便器が破損したなど、借主の行動によって問題が起きたときは、全額自腹になる恐れがあります。
修理費を恐れて隠す人もいますが、被害がさらに拡大しないように、管理会社に報告をしてください。
このように、賃貸物件は持ち家と対応の仕方が異なります。
水まわりトラブルは、いつ起きるかわからないものですが、スムーズに対応ができるように日頃から管理会社や不動産会社の連絡先はチェックしておくことをお勧めします。
また、持ち家の場合も、事前に信頼できる修理業者を探しておけば、業者選びに時間を取られることもなくスピーディーに解決するでしょう。