トイレつまりの修理費用にも影響する水道業者の繁忙期とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりの修理費用にも影響する水道業者の繁忙期とは

トイレつまりの修理費用にも影響する水道業者の繁忙期とは

タイミングによって異なる料金

タイミングによって異なる料金


トイレつまりが起きた時は業者に相談するとスムーズに解決しますが、できるだけ修理費用をかけたくないという人も多いのではないでしょうか。
修理費用は業者によって異なるだけでなく、時期も影響してきます。
もちろん、トイレのつまり具合がひどければ大掛かりな作業が必要になるため、その分、修理費用も高額になりますが、依頼する時期も意識してみてください。
最も高額になりやすい時期は繁忙期です。
水道工事の繁忙期は12月から3月とされています。
その理由は、どの自治体も予算を使い切るために、公共工事を行うからです。
引き受けていないところもありますが、指定給水装置工事事業者は住宅の修理だけでなく、公共工事も行っており、依頼が殺到する時期は人手不足によって納期が遅くなったり、見積りが高額になる傾向にあるのです。
トイレつまりは突然起きるトラブルなため、繁忙期を避けたくてもタイミングが被ってしまうこともあるでしょう。
少しでもトラブルのリスクを減らすために、日頃から使い方には注意が必要です。

狙い目は新年度の初め

狙い目は新年度の初め


年度末を過ぎると新年度の予算が決定するまで公共工事がなくなります。
特に、4月から6月は閑散期だとされているため、狙い目です。
すぐに解決しなければならない状況を除き、後回しにしても問題がないトラブルは新年度の初めに依頼するといいかもしれません。
しかし、状況によって料金の相場が違うということは理解しておきましょう。
設備や排水管など丸ごと交換しなければならないケースもあれば、部品だけ交換するだけで直ることもあります。
修理と言っても内容によって料金が異なるため、まずは見積もりを依頼してみてください。
見積もりの額が高い場合は時期をずらし、想定の範囲内であればそのまま依頼するのもいいでしょう。
繁忙期は予約も取りにくくなるため、余裕を持って見積もりを依頼するのがポイントです。
このように、繁忙期になると修理費用が高額になる理由があります。
トイレつまりの修理費用を最低限に抑えたい場合は、業者が忙しくないタイミングを狙ってみてはいかがでしょうか。