トイレつまりの原因になる節水対策とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりの原因になる節水対策とは

トイレつまりの原因になる節水対策とは

間違った方法での節水は危険

間違った方法での節水は危険


節水対策を行っている家庭も多いのではないでしょうか。
少しの節約でも積み重なれば大きな額になります。
家庭内でできる節水対策はさまざまな方法がありますが、中には間違った方法で取り組んでいる人が少なくありません。
例えば、トイレのタンクの中に水の入ったペットボトルを入れて水量を調整する方法です。
簡単にできる方法ですが、これを続けているとトイレつまりを引き起こす恐れがあります。
これまで、つまりが起きたことがないという家庭でも、いつトラブルが起きるかわかりません。
水の入ったペットボトルを使った節水対策が、なぜトイレつまりの原因になるのかを知った上で、もう一度、節水の方法を見直してみてはいかがでしょうか。

なぜ詰まりやすくなる?

なぜ詰まりやすくなる?


タンクの中におもりを入れるとトイレつまりが起きる理由は、水量不足が起きるからです。
便器は適切な水量が流れるように設計されています。
それをさらに調整し、水量を減らしてしまうと排泄物やペーパー類をしっかりと流すことができず、排水管のどこかで滞ってしまうのです。
その状態で使い続けると、初めは少し流れにくい程度のつまり具合でも重症化し、全く流れなくなります。
スッポンを使っても解消できないほど状況がひどくならないように、タンクの中におもりを入れて水量を過度に調整するのはやめましょう。
大便を「小」で流す節水対策も危険です。
大便は「大」、小便は「小」で流すように作られています。
大と小では流れる水量が大きく異なるため、しっかりと使い分けることが大切です。
このように、トラブルの原因になる間違った節水対策の方法があります。
これまで何度も詰まってしまい、直してもトラブルを繰り返す場合は節水方法が間違っているのかもしれません。
根本的な原因を改善しなければ再発を繰り返すため、早い段階で気づき、方法を改めてください。
また、節水型の便器が家の立地に合っていない場合もあります。
この場合は、通常の便器に交換したり、構造部分を変えなければなりません。
すでに重度のトラブルが起きてしまっている場合は、水道工事業者に連絡をして対処してもらいましょう。