トイレつまりで流れが弱くなる理由とは

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりで流れが弱くなる理由とは

トイレつまりで流れが弱くなる理由とは

詰まっていると流れも悪くなる

詰まっていると流れも悪くなる


トイレの水の流れが弱くなった時は、つまりが原因かもしれません。
タンク内の部品が劣化したり、正常な位置からズレていると水量が不足して、流れが弱くなることもありますが、タンクに異常がなければ便器のつまりが起きている可能性が高いです。
便器内のどこかに詰まっていると、水が堰き止められ勢いよく流れていきません。
原因を対処すると水の流れも改善されますが、何が詰まっているかによって対処の仕方が異なるため注意が必要です。
間違った対処の仕方をすると悪化する恐れがあります。
そのため、まず初めに原因を特定しましょう。
トイレつまりが起きると、多くの場合は便器内の水位が上昇します。
しばらく時間を置いて水位が元に戻れば水に溶けるもの、いくら時間を置いても下がらない場合は水に溶けない異物が原因だと判断することができます。 水に溶けるものでも重症化していれば水位が上昇したままになりますが、初期段階であれば水位の高さで判断してみてください。

原因によって異なる対処の仕方

原因によって異なる対処の仕方


水に溶けるものが原因の場合は、自力でも修理することができます。
最も簡単な方法はお湯を注いで溶かすことです。
トイレットペーパーや排泄物、流せるお掃除シートなどはお湯を注ぐことで溶けやすくなり、自然とつまりが解消されることがあります。
この時、お湯の温度には注意しましょう。
熱湯の方が溶かす力が強いイメージがありますが、便器を傷める原因になります。
必ずぬるま湯に調整した上で注いでください。
また、水位が高い状態でお湯を注ぐと効果が半減するだけでなく、便器から溢れ出してくる恐れがあるため、バケツなどで汲み取り、水量を少なくするのがポイントです。
お湯で溶けやすい状態を作り、さらにスッポンを使うと流れやすくなります。
水に溶けないものは物理的に取り除かなければ解決しません。
排水口の付近に引っかかっていれば、手で取り出しましょう。
手が届かないほど奥へ流れて行ってしまった時は、業者に修理を依頼してください。
何度も水を流して無理に押し流そうとすると汚水が逆流してくることがあるため、自分で対処しようとせずにプロに依頼することが大切です。