トイレつまりでタンクの修理が必要なときには

トップページ > 水のトラブルについて > トイレつまりでタンクの修理が必要なときには

トイレつまりでタンクの修理が必要なときには

タンクも老朽化・劣化で故障することがある

タンクも老朽化・劣化で故障することがある


トイレのタンクは普段、あまり触れないところですが、何かのきっかけで故障することがあります。
例えば、老朽化や劣化です。
長く使っていればタンクも劣化し、穴が開いたりひび割れが起きます。
日頃から流れる水の音や流れ方をチェックし、早く異変に気がつくことができれば、大きなトラブルを避けることができますが、すでにタンクが故障し、対応の仕方に困っている人もいるのではないでしょうか。
うまく水が流れなくなると、つまりを引き起こす恐れもあります。
詰まっているものはスッポンなどで直すことができますが、タンクの故障を直さなければ、何度もつまりを再発させてしまうため、まずは、つまりを引き起こす根本的な原因を解決しなければなりません。

タンクの修理は自力でもできる?

タンクの修理は自力でもできる?


タンクの修理方法はいくつかありますが、まず初めに止水栓を止めてください。
止水栓を止めなければトイレの水が流れてしまい、つまりを悪化させる恐れがあるからです。
止水栓の場所、閉め方がわからなければ元栓を閉めましょう。
お家全体の水回りがストップしますが、被害を拡大させないためには必要なことです。
水の流れをストップさせたら、タンクを取り外して新しいものと交換を行います。
ナットなどの工具を使うと取り外せます。
トイレの蓋などが邪魔な場合は取り外してください。
中の部品だけが劣化、破損している場合は、その部品を交換すると解決するでしょう。
ホームセンターでも部品が販売しているため、あまり知識がない人でも対処することができるはずです。 本体そのものの交換が必要な場合は、修理業者に依頼すると安心です。
自力で全て修理することも可能ですが、修理に必要な道具、部品、タンク本体全てを自分で用意し、作業をしなければなりません。
修理業者に依頼すると費用はかかりますが、必要なもの全て揃えてくれるため、スムーズです。
できるだけ修理費を抑えたいものですが、間違った方法で作業すると別のトラブルを引き起こす危険性も考えられます。
便器を傷つけたり、取り外した部品を便器に落として状況を悪化させてしまうなどです。
トラブルを招かないためにも、修理業者に依頼するようにしましょう。