ティッシュが原因でトイレつまりが起きたときには

トップページ > 水のトラブルについて > ティッシュが原因でトイレつまりが起きたときには

ティッシュが原因でトイレつまりが起きたときには

同じ紙製品でも詰まらせてしまう

同じ紙製品でも詰まらせてしまう


トイレットペーパーが切れた時、ティッシュで代用する人も多いのではないでしょうか。
同じ紙製品のため、トイレに流しても問題がないと思ってしまうものですが、ティッシュは水に溶けないように作られており、便器に流すと排水管の中でつまりを引き起こす恐れがあります。
薄くて小さいですが、何枚も流すと重度のつまりを引き起こすことがあるため、流さないように気をつけてください。
しかし、やむを得ずティッシュを流してしまい、詰まらせてしまった人もいるでしょう。
適切に対応しなければさらに悪化する危険性があるため、対処法を間違えてはいけません。
よく、トイレつまりはスッポンとも呼ばれるラバーカップを使うと効果的だと言われていますが、この道具を使っていいのは水に溶けるものが原因で詰まった時です。
例えば、トイレットペーパー、流せるお掃除シート、排泄物などが挙げられます。
これ以外が原因で詰まったときにスッポンを使うと、さらに奥へ進み、取り出しにくくなってしまうのです。 闇雲にスッポンを使うのはやめましょう。

薬剤や水を流すのも危険

薬剤や水を流すのも危険


パイプユニッシュなどの薬剤を使うのも控えてください。
これは髪の毛、油汚れ、水垢などに効果がありますが、ペーパー類を分解することはできません。
大量の水を流して、一気に押し流そうとする人もいますが、この方法も逆効果になることがあります。
水の流れがティッシュによって堰き止められると、逆流し便器から汚水が溢れ出してくる恐れがあります。
そうなると、床や壁が汚れ、最悪の場合は浸水するかもしれません。
床材の張り替えなどが必要になると修理費も高額になるため、水を流すのはやめてください。
最も安心な方法は修理業者に依頼することです。
水に溶けないものは物理的に除去しなければ解決しませんが、ティッシュのようなものは取り出しにくく、奥へ流れていきやすいため、素人では対処できないことが多いです。
修理業者に依頼すると便器を取り外して高圧洗浄をするなど、適切に対処してくれます。 被害が拡大する前にプロに依頼してみてはいかがでしょうか。